Unified Runnerの概要

Unified Runnerは次世代のmablテストサービスで、テスト実行の信頼性向上と高速化が図られています。クラウド、CLIデスクトップアプリケーションでテストロジックを統合することで優れた信頼性を実現しています。

Unified Runnerは、クラウド上でChromeとEdgeのテスト実行を行う従来の仕組みに代わるものです。アドホック実行とプラン実行では、デフォルトでUnified Runnerが使用されます。一定期間の間、既存のアカウントはChromeでUnified RunnerまたはLegacy Runnerのどちらを使用するかを選択できます。

📘

Unified Runner for Firefox アーリーアクセス

Unified Runner for Firefoxは、現在早期アクセスプログラムとして、全てのmablの顧客とトライアルユーザーが利用できます。ワークスペースのこの機能を有効化するには、ワークスペース > LABS メニューから、mabl Labsページにアクセスしてください。

ワークスペースのUnified Runner for Firefoxを有効にすると、Firefoxで実行されたすべてのテストがUnified Runnerに移行し、Legacy Runnerに戻すオプションも提供されます。

早期アクセスプログラムの期間中、Firefox Unified で実行したテストは毎月の実行回数にカウントされません。アクセスおよび料金などは、この機能が一般に利用可能になった時点で変更される可能性があります。一般提供開始前に、予告なく機能が変更される場合があります。

また、mabl CLI または mablデスクトップアプリケーション から、Unified Runner を利用したテストのローカル実行を行うことができます。

改善点

Unified Runnerでは、速度や信頼性の向上に加え、以下の機能強化が図られています。

テストのセットアップ

デフォルトでは、プラン実行とアドホック実行の両方が Chrome 用の Unified Runner で実行される設定になっています。Unified Runner の設定は、ブラウザの設定で変更できます。

プラン実行の場合

プランを編集 ページの デバイス設定 セクションでプラン実行の際に使うブラウザの設定を変更します。

1257

Unified Runner (プラン)

アドホック実行のブラウザセクションで、アドホック実行の際に使うブラウザの設定を変更します。

1355

Unified Runner (アドホッククラウド実行)

📘

Chrome Legacy Runner の廃止

Legacy Runner for Chromeは、2023年2月1日に正式に廃止されました。Legacy Runner for Chromeを使用するように設定されていた既存のプランは、すべて自動的にUnified Runnerに移行されています。

Legacy Runnerの廃止プランについては こちらをご参照ください。

動作の変更

以下は、Unified Runnerでの既知の動作の変更です。

テストの作成:

  • 右側の角括弧のない無効なCSSセレクターが受け入れられなくなります。既存のテストを更新して、CSSセレクターを正しい書式に修正する必要があります。たとえば、Legacy Runnerでは、[aria-label="settings-portal-access" というCSSを認めていましたが、Unified Runnerではこれが受け入れられなくなるため、[aria-label="settings-portal-access"] に修正する必要があります。
  • Legacy Runnerの場合よりも、JavaScriptの構文が厳密に適用されるようになります。たとえば、変数は必ず明示的に定義する必要があります。

テスト実行:

  • 要素の検索ステップでXPathまたはCSSセレクタを使用してテキストを入力する場合、XPathまたはCSSセレクタでテキストを入力する対象の入力要素を見つける必要があります。Legacy Runnerでは、要素にフォーカスがあたっていない場合でも、テキストの入力を行おうとしていました。
  • 幅(width)と高さ(height)が指定されていない場合、Unified Runner のデフォルトは、クラウド上で幅(width) 1400と高さ(height)1000を使用します。テストが作成されたときに使用されたビューポート サイズと同じ幅(width)と高さ(heigh)を設定
    することをお勧めします。

制限事項

現在のバージョンのUnified Runnerには、次の制限事項があります。

  • リンククローラー テストは Unified Runner ではサポートされておらず、引き続き Legacy Runner が使用されます。
  • 現時点でサポートされているのはChrome, Edge, Firefox のみです。

Unifiedテスト実行の確認インテリジェント待機、およびUnified Runnerへの移行もあわせてご確認ください。