mablの静的IPアドレス

静的IPアドレス

mablのUIテストからのトラフィックは、固定されたIPアドレスのセットから発信されます。ネットワーク管理者は、非公開のテスト環境や本番環境へのアクセスを許可するために、ファイアウォールのルール (許可リスト) を設定しなければならない場合があります。

🚧

mabl Linkによるセキュアトンネリング

企業のファイアウォールの内側にあるプライベート環境をテストするためのより安全なソリューションが必要な場合は、mabl Linkについてお読みください。

📘

Google Cloud Platformサービスでホストされているテスト対象アプリケーション

テスト対象アプリケーションが、以下のような一部のGoogle Cloud Platformサービスによってホストされている場合、テストトラフィックは内部のGoogle Couldネットワークを経由してアプリケーションに直接到達するため、トラフィックはアドレス0.0.0.0から発信されているように見えます。

  • Google App Engine
  • Google Cloud Run
  • Google Cloud Functions

📘

mablからのテストブラウザートラフィック

すべてのテストブラウザートラフィックは、[Settings] > [Networking] ページにリストされているIPアドレスから発信されます。

🚧

静的IPがサポートされないサービス

mabl APIテスト (非ブラウザー) は、ランダムなIPアドレスから発信されます。
アプリケーションの作成/更新フォームのURl検証チェックは、ランダムなIPアドレスから発信されます

IPアドレスを見つける

mablで使用されているIPアドレスは、[Settings] > [NETWORKING] ページに表示されています。

  1. mablアプリケーションにログインします。
  2. 左側のメニューから [Settings] にアクセスします。
  3. [NETWORKING] タブをクリックします。
23862386

Example of static IP addresses used by mabl browsers

IPアドレスはCIDRブロック形式で表示されています。お使いのファイアウォールがCIDR形式を使用していない場合は、アドレスから/32を削除して、独自のファイアウォール設定で使用します。

mablは、HTTP (80) とHTTPS (443) の標準ポートを使用します。

IPアドレスの変更の通知

mablで静的IPアドレスが追加または削除された場合、その変更は以下の方法で通知されます。

制限事項

  • Webhookはまだ静的IPアドレスから発信されません。
  • mabl CLIでローカルにmablテストを実行すると、そのローカルホストから発信されます。
  • プライベート静的IPアドレスは、まだワークスペース/顧客ごとには利用できません。
  • mablの拡張に伴い、発信IPがさらに追加される可能性があります。事前通知はmablステータスを通じて行われます。

Related resources
Did this page help you?