はじめに

大規模なカバレッジを実現するためのmablワークスペースのセットアップ方法

mablワークスペースの作成が済んで、次に何をすればよいかわからない場合は、このガイドを参考にしてください。このガイドでは、mablワークスペースを効果的にセットアップし、大規模なカバレッジを実現するための手順について説明します。

テストの自動化

アプリケーションのテストの自動化をセットアップする大まかな手順は、次のとおりです。

  • アプリケーションと環境を作成する

  • テストを作成する

  • テストをプランに追加し、自動的に実行されるようにプランを設定する

アプリケーションと環境の作成

アプリケーションでは、テストの対象(Webアプリケーションなど)を定義します。アプリケーションは1つまたは複数の環境に関連付けられます。環境とはチームがコードをデプロイする場所を意味します。開発、QA、本番などがあります。

多くの場合、チームにはテストが必要なアプリケーションが複数存在します。テストするアプリケーションごとにmablのアプリケーションを1つずつ作成します。

たとえば、mabl社内のmabl-testing-mablワークスペースでは、次のアプリケーションが定義されています。

  • mabl app: mablのメインアプリケーション

  • Sandbox: mablを試すためのサンプルテストアプリケーション

  • Help docs: 製品の機能に関するサポートドキュメント

  • mabl.com: mablのメインランディングページ

mablの環境には、プレビュー、開発、本番があります。これらの環境はソフトウェア開発ライフサイクルと一致しています。

アプリケーションに関連付けられている各環境にアプリケーションのURLを設定します。次の例では、2つのアプリケーションと3つの環境開発 (Dev)、プレビュー (Preview)、本番 (Prod)が存在しています。"Example app"には、各環境にURLが1つずつ存在しますが、"Acme app" には、開発 (Dev)と本番 (Prod) にのみURLが存在します。

Sample application page

アプリケーションと環境の設定例

[Applications] ページのレイアウトは、次のように構成されています。

  • アプリケーション名 (左軸): Acme appおよびExample app

  • 環境名 (上軸): 1. Dev、2. Preview、3. Prod

  • アプリケーションがデプロイされている環境の下に、各アプリケーションのアプリケーションURLが表示されます。

アプリケーションと環境の作成の詳細については、このガイドを参照してください。

📘

テストするアプリケーションがない場合

テストするアプリケーションがない場合は、次の例を試してください。

  • mabl Sandboxのアプリケーションを作成する: https://sandbox.mabl.com
  • "Demo" という名前の環境を作成する

テストの作成

1つ以上のアプリケーションと環境の作成が済んだら、次にテストを開始します。

最初のブラウザーテストでは、次のようなコア機能を検証するシンプルなテストを作成することをお勧めします。

  • 基本的なスモークテスト

  • ログイン

  • アカウントサインアップ

最初のAPIテストでは、APIエンドポイントが期待どおりの結果を返していることを検証する短いテストを作成することをお勧めします。

テストの作成の詳細については、以下のテストタイプの作成に関する入門ガイドを参照してください。

プランの作成

共通のテーマに沿って編成されたテストの作成が済んだら、これらのテストを1つの[プラン]にまとめます。プランでは、テスト自動化戦略の設定を行います。自動的に実行されるようにプランを設定するには、スケジュールに基づいてプランを実行するようにトリガーを設定します。

プランを編成する方法の詳細については、こちらをクリックしてください。

インテグレーションのセットアップ

既存のツールにmablを組み込むことで、開発のすべてのステージにテストを組み込み、チーム内での問題の可視性を高め、問題解決に要する時間の短縮を図ることができます。mablで利用できるインテグレーションには、次のようなものがあります。

Jiraインテグレーション

Jiraインテグレーションでは、mabl内でJiraチケットを直接作成し、バグの発見と解決のプロセスを迅速化できます。

Creating a new issue

mablでのJiraチケットの作成

CI/CDインテグレーション

mablのネイティブCI/CDインテグレーションを使用すると、既存のCI/CDパイプラインに自動化されたmablテストを統合できるため、チームは開発サイクルの早い段階で問題を特定して修正できます。

SlackおよびTeamsとのインテグレーション

mablのSlackおよびMicrosoft Teamsとのインテグレーションを利用すると、mablテストでの重要な失敗や大きな変化を、チームが業務を行っている環境に表示することができます。

コラボレーションの開始

mablでは、ユーザー数の制限なくユーザーをワークスペースに招待し、ユーザーのタイプ(所有者、編集者、閲覧者)に応じてユーザーの権限を設定できます。チームメイトを招待すると、チームメイトと協力してテストを行うことができます。mabl内でのコラボレーションに役立つツールには、アクティビティフィードやブランチなどがあります。

アクティビティフィード

mablワークスペースの規模が大きくなった場合は、アクティビティフィードによって最近の変更をモニタリングし、チームで定期的なレビューを行う際の参照情報として使用することができます。

Activity feed

アクティビティフィード

ブランチ

ワークスペースのメンバーは、ブランチを使って他のメンバーの作業に影響を与えることなく、個別の変更を加えることができます。また、マージする際には、コメントを使ってmabl内でチームメイトと協力して問題を解決することができます。

branch commenting

ブランチバージョンのコメント