APIテストの作成

デスクトップアプリケーションを使用すると、ローカルマシンでAPIテストを作成して実行することができます。

初めてAPIテストを作成する場合は、デスクトップアプリケーションを開き、左サイドバーにある [New test] ボタンをクリックして、[API test] を選択します。

20722072

mablで作成可能なテストタイプの選択。

テスト作成フォームに入力し、[CREATE TEST] をクリックします。mabl APIテストエディターが表示されます。ここでは、次のことを行うことができます。

  • リクエストを連鎖させたり、データ駆動型テストを行ったりするための変数のサポートを含む、APIステップ (リクエスト) を作成する。
  • APIリクエストを送信し、そのレスポンスデータを確認する。
  • コードを記述せずに、アサーションを簡単に作成し、レスポンスに基づいて変数を作成する。
  • mablとPostmanとのインテグレーションにより、JavaScriptを使用して、Postmanの関数とライブラリのサポートを含む、カスタムの事前リクエストやテストロジックを追加する。
  • 左側のパネルでも変数を管理する。
  • ステップをドラッグアンドドロップで並べ替える。
  • [RUN TEST] ボタンを使用して、テスト全体をローカルで実行する。
31903190

mablでのAPIテストの作成

左側のパネルのプラス記号 (+) ボタンをクリックすると、最初のAPIテストステップを作成できます。既存のPostmanコレクションをmablにインポートする場合は、該当するボタンをクリックしてインポートを行います。詳細については、Postman統合のドキュメントを参照してください。

APIテストステップの作成

作成できる最もシンプルなAPIステップは、https://reqres.in/api/usersまたはhttps://postman-echo.com/getなどのエンドポイントURLに対してGETリクエストを行うものです。このリクエストを行うには、ステップに名前を付け、HTTPメソッドタイプとしてGETを指定し、目的のURLを入力し、[Send] ボタンをクリックします。

38283828

シンプルなAPIテストステップの作成。

🚧

テストのサイズ制限

APIテストのサイズは、1MBを超えることはできません。大きなJavaScript事前リクエストスクリプトは、慎重に使用することをお勧めします。

さらに複雑なAPIリクエストを作成する場合は、リクエストで次のオプションを設定できます。

  • HTTPメソッド - GET、POST、PUT、PATCH、DELETE、HEAD、OPTIONS
  • 認証 - Basic認証、ベアラートークン、またはAPIキー (ヘッダーまたはクエリパラメーターとしてHTTPリクエストに追加されます)。他の認証タイプのサポートが必要な場合は、フィードバックポータルでお問い合わせください。
  • クエリパラメーター - API URLに追加されるキーと値のペア。
  • ヘッダー - HTTPリクエストのヘッダーとして送信されるキーと値のペア。
  • ボディ - Rawテキスト/JSON/XML/HTML、FormData、x-www-form-urlencoded、GraphQLなどのサポートされる形式でHTTPリクエストと共に渡すデータ。
  • 事前リクエストスクリプト - HTTPリクエストを行う前に実行されるJavaScriptコードを指定します (Postmanで利用できるJavaScriptの関数やライブラリのサポートを含む)。
  • テスト - レスポンスデータに基づいてアサーションと変数を作成します (JavaScriptコードを書いて複雑なシナリオを処理することもできます)。詳細については、レスポンスの検証をご覧ください。
  • 設定 - HTTPリクエストに適用されるキーと値のペアの設定。
    APIレスポンスに基づいたアサーションおよび変数の作成については、レスポンスの検証をご確認ください。

🚧

mablでのブラウザーテストと比較したAPIテストの制限事項

現在、mablでのAPIテストでは、ブラウザーテストで利用できる次の機能がサポートされていません。

  • 再利用可能なフローおよびJavaScriptスニペット
  • ブラウザーテストでは、{{alnum:11}} や {{fake.name.firstName}} などのmabl文字列テンプレートが使用されますが、APIテストではmabl文字列テンプレートはサポートされません。ただし、mablとPostmanとのインテグレーションにより、{{$randomAlphaNumeric}} などのPostmanの動的変数がサポートされます。
    また、APIテストによるネットワークトラフィックは、実行時にクラウドプロバイダーによって割り当てられるランダムなIPアドレスから発信されることにも注意してください。これらのIPアドレスは、[Settings] セクションの [NETWORKING] タブに表示されたIPアドレス範囲に準拠したものではありません。

テストの実行

mablデスクトップアプリケーションを使用すると、ローカルマシンでAPIテストを実行できます。また、APIテストの編集を行うこともできます。
また、mablクラウドでAPIテストを実行することもできます。アドホッククラウド実行を開始するには、テストの詳細ページに移動し、[RUN TEST] ボタンを使用します。アドホックテスト実行を開始すると、テスト結果を確認するためのリンクが表示されます。
APIテストをスケジュールやデプロイメントに基づいて実行する場合は、APIテストをmablプランに追加します。同一のプランにブラウザーテストとAPIテストの両方を含めることができます。また、同じプラン内のテスト間で変数を共有することもできます。

📘

最大実行時間

APIテストは9分を上限に実行できます。これよりも長くAPIテストを実行する必要がある場合は、アプリケーション内のチャットまたは[email protected]でmablのサポートにお問い合わせください。

テストの更新

APIテストを更新するには、テストの詳細ページに移動して、[EDIT STEPS] ボタンをクリックします。その後、既存のAPIテストステップの変更や新しいAPIテストステップの追加を行うことができます。また、Postmanコレクションをインポートしてテストステップの置き換えを行うこともできます。

24022402

mablデスクトップアプリケーションでのAPIテストの編集

改訂履歴が存在するため、テストの詳細ページの [CHANGE HISTORY] タブで、いつでも前のバージョンのテストに戻すことができます。


Did this page help you?