Visit URLステップ

デフォルトでは、ブラウザーテストの記録を開始すると、mabl TrainerによってデフォルトのVisit URLステップがテスト対象の app.url に追加されます。テストでその他のURLにアクセスする必要がある場合は、別のVisit URLステップを追加します。

👍

ターゲットを絞ったテスト

Visit URLステップは、アプリケーション内で特定のページのエレメントをテストする必要がある場合に便利です。ログイン後、Visit URLテストを追加してナビゲーションステップを省略し、テストの対象に直接移動します (サイトのナビゲーションを省略するには、最低1回はテストしてください)。

Visit URLステップの追加

  1. +アイコンをクリックして、ステップを追加します。
  2. Trainerのステップメニューから [Visit URL] を選択します。
  3. URLの値を入力します。文字列テンプレートまたは変数値をナビゲーションバーに入力できます。
  4. [OK] をクリックします。新しいVisit URLステップがTrainerに表示され、プレビューに表示されているURLに移動します。
298298

文字列値は変数を参照できます。

mabl Trainerでは、この方法のほかに、以下の2種類の方法でVisit URLステップを記録できます。

静的URLへのアクセス

  1. [Rec] ボタンをオンにします (まだオンになっていない場合)。
  2. ナビゲーションバーにURLを入力します。
  3. Enterキーを押します。[Rec] ボタンがオンになっている間、mabl TrainerはVisit URLステップを自動的に記録します。

変数に割り当てられたURLへのアクセス

  1. mabl Trainerの下部にある {x} ボタンをクリックします。
  2. [Use an existing variable] を選択します。
  3. [URL to visit] ボタンをクリックします。
  4. ドロップダウンから変数を選択します。
  5. [OK] をクリックします。新しいVisit URLステップがTrainerに表示され、選択した変数に割り当てられたURLに移動します。