テストのデータ駆動型変数

テスト実行時に受け取りたい変数のプレースホルダーを作成する手段として、テストレベルのデータ駆動型変数を手動で作成できます。テストのデータ駆動型変数は、次の場合に役立ちます。

  • プラン実行時にテスト間で共有する変数を使用する (テスト間での変数の共有を参照)
  • テストをDataTableと関連付ける予定であるが、まだDataTableを作成していない (DataTableの作成準備が整った時点で、テストの詳細ページの [Generate DataTable] ボタンをクリックしてください)。

テストのデータ駆動型変数の作成

データ駆動型変数を作成する際には、DataTableなどの外部ソースからその変数のためにテストに値が渡されなかった場合に使用されるデフォルト値を割り当てる必要があります。

mabl Trainerでテストのデータ駆動型変数を作成するには、次のどちらかの方法を使用します。

変数の新規作成

  • mabl Trainerの下部ツールバーにある {x} ボタンをクリックします。
  • [新しい変数を作成する] を選択します。
  • 変数のソースを [データソース] に設定します。
  • 変数名とデフォルト値を入力します。
  • [OK] をクリックします。[データソース] から作成された変数の場合、テストステップは生成されません。
584

[Data source] を使用する変数の新規作成

[データ駆動型変数を管理] タブの使用

  • mabl Trainerの下部ツールバーにある {x} ボタンをクリックします。
  • [このテスト内の変数を管理する] を選択します。[データ駆動型変数を管理] タブに、テストのすべてのデータ駆動型変数とそれらのデフォルト値が表示されます。
  • [変数を追加] をクリックします。
  • 変数名とデフォルト値を入力します。
  • [OK] をクリックします。
590

[Manage Variables] タブ

データ駆動型変数の使用方法

データ駆動型変数は、他の変数と同様に、次のような用途で使用できます。

  • アサーションでの使用
  • 入力値としての使用
  • アクセスするURLとしての使用
  • 他の変数を生成するためのテンプレート文字列での使用
  • カスタムJavaScriptステップでの使用

デフォルトの変数値の編集

テストの詳細ページ上

  1. [データ駆動型変数] セクションの [変数を編集] ボタンをクリックします。
  2. デフォルト値を更新します。
  3. [保存] をクリックします。
600

mabl Trainer内

テストのデータ駆動型変数の更新 (および削除) は、mabl Trainerでも行うことができます。

  1. mabl Trainerの下部ツールバーにある {x} ボタンをクリックします。
  2. [このテスト内の変数を管理する] を選択します。
  3. 値を更新します。
  4. [OK] をクリックして変更内容を保存します。

フローのデータ駆動型変数の識別

データ駆動型変数の [Notes] 列に情報が含まれている場合、この変数はフローのデータ駆動型変数です。フロー名をクリックすると、フローの詳細ページが表示されます (この領域が空の場合、変数はテストのデータ駆動型変数です)。

600

DataTableの作成

DataTableテーブルを作成するには、テストの詳細ページの [Generate DataTable] ボタンをクリックします。DataTableの編集画面が開き、テストにさまざまなシナリオを追加できます。あるいは、最初にDataTableを作成してから、DataTableをテストに関連付けることもできます。