PDFテストの自動化と検証

mablでのPDFテストは、通常のWebページのテストと同様にシンプルなので、テストカバレッジを最大限に広げることができます。スクリーンショットの取得とビジュアル変化の検知を含め、PDFファイルとその内容の検証を簡単に自動化することができます。

mablでのPDFテストは、通常のWebページのテストと同様にシンプルなので、テストカバレッジを最大限に広げることができます。スクリーンショットの取得とビジュアル変化の検知を含め、PDFファイルとその内容の検証を簡単に自動化することができます。

📘

Enterprise機能

この機能は、Enterpriseプランのお客様だけでなく、mablのすべてのトライアルでご利用いただけます。

PDFのテスト

iFrameと新しいタブ/ウィンドウのテストと同様に、新しいPDFページのテストをTrainerに認識させる必要があります。

まず、上部の [Live] ボタンがアクティブで、新しいステップが記録中であることを確認します。テスト対象のWebページにPDFが直接埋め込まれている場合、通常のビューアーの場所にmabl PDFビューアーが表示されます。それ以外の場合、つまり、PDFが全画面に表示されている場合やダウンロードするPDFの場合、開いて操作したいPDFをクリックします。PDFがダウンロードされ、mabl Trainer内でPDFをテストするかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。テストに同意すると、PDFが新しいタブで開きます。

これで、通常どおりにテストを開始できます。アサーションの使用、新しい変数の作成、JavaScriptスニペットの使用など、テストの大部分のステップを通常どおりに行うことができます。練習は、sandboxアプリケーションの Downloads and PDFs セクションで行うことができます。

800800

mablは、ダウンロードされたPDFだけでなく、<embed> タグまたは <object> タグを使用してHTMLページに直接埋め込まれたPDFもサポートしています。

🚧

現時点での制限事項

PDFテストのセットアップは標準的なWebページと異なる場合があるため、PDFのテストには基本的な制限事項があります。制限はあるものの、弊社はテストプロセスを簡略化するために鋭意取り組んでいます。

  • サポート対象のブラウザーはChromeとFirefoxです。FirefoxのPDFスクリーンショットは、現在使用できません。
  • ChromeのIncognitoモードでは、mabl TrainerでPDFファイルの記録とテストを行うことはできません。
  • HTTP POSTリクエストで生成されたPDFは、"x-www-form-urlencoded" でエンコードされた場合に限りサポートされます。
  • Chromeの制限により、blob URL PDFのトレーニングは、埋め込まれている場合とダウンロードされる場合に限り実行できます。ロケーションバーのURLが "blob://" で始まる場合のように、blob URLを直接開く場合は実行できません。
  • スキャンなど、画像のみのドキュメントには、アサーションを実行できません。
  • PDFフォームへの入力はサポートしていません。

Did this page help you?