APIによるテストのトリガー

mablには、APIでテストをトリガーするために使用できるDeployment Events APIエンドポイントがあります。これは、Jenkinsなど、任意のCI/CDツールと統合する場合に特に便利です。

📘

正しいキータイプの使用

APIを操作する際は、正しいキータイプを使用することが重要です。さまざまなキータイプについては、「APIキーの管理」を参照してください。

ワークスペースのAPI設定の確認

  1. 左側のナビゲーションメニューで [Settings] をクリックします。
  2. [API Keys] タブを見つけてクリックします。そのセクションに、ワークスペースのAPIキーが表示されています。
  3. [API documentation] セクションまで下にスクロールし、[SELECT AN API...] をクリックして、Deployment Events API] をクリックします。
28802880

🚧

無効化されたプラン

「Disabled」状態に設定されているプランは、デプロイ時にのみ実行するように設定されている場合でも、デプロイイベントでは実行されません。進行中のデプロイから除外したい既存のプランがある場合は、[Plans] ページからすぐに無効にできます。注: そのプランは、再度有効にするまで実行できません。

そのセクションでは、デプロイ時にトリガーする環境とアプリケーションを追加する必要があります。

28802880

📘

Execution Results API

mablと既存のCI/CDパイプラインを統合する方法の詳細については、Execution Results APIのドキュメントにアクセスしてください。Visit our [Execution Results API documentation]

デプロイメントイベントのプレビュー

Deployment Events API呼び出しのプレビュー (ドライラン) を実行すると、実際に実行しなくても、どのプランが実行されたかを確認できます。これを使用して、設定の微調整やインテグレーションのテストをすばやく行うことができます。

  1. フィールドからターゲットの環境とアプリケーションを選択します。
  2. 追加すると、追加のフィールド、手順、CURLコマンドビルダーが表示されます。これらを使用して、Deployment Events APIを介してテストをトリガーするために必要な形式を理解できます。
28802880
  1. CURLコマンドを選択してコピーします。
18721872
  1. マシンでターミナルウィンドウを開きます。
  2. CURLコマンドをターミナルに貼り付けます。
  3. URLをhttps://api.mabl.com/events/deployment?preview=trueに置き換えます。
  4. Enterキーを押します。
  5. 以下のような、成功レスポンスを受け取ったことを確認します。
{"id":"ewew-b7d3-dafd-81e4-fddfafdwew","environment_id":"dfasad-wewrfe42-645df-b94d-ff78011828ad","application_id":"42424-fda-fa-fdafda-233224dazrw","received_time":1513266635798}

Deployment Events APIのウェビナー

mablのJames Baldassariが登壇するこのウェビナーで、Deployment Events APIの詳細と、このAPIをmablプランに組み込む方法についてご覧ください。


Related resources
Did this page help you?