手動でのテスト実行(アドホック実行)

mabl UIからのプランのトリガー

  1. 左側のナビゲーションメニューで [Plans] をクリックします。
    2.トリガーするプランを見つけます。
  2. 右端の列にある実行ボタンをクリックします。テストの実行がオンになっている必要があります。
28782878

UIからの1つのテストのトリガー

デフォルトのリンククローラーとホームページ訪問テストを除いて、各テストの詳細ページから、[RUN TEST] ボタンを使用して手動で実行を開始できます。

19031903

ボタンをクリックすると、テストを実行するブラウザーを選択できるようになります。デフォルトではChromeが選択されています。既存のアプリケーションと環境で使用されているURLに対してテストのトレーニングを行った場合は、それらのアプリケーションと環境も選択されます。Linkを使用している場合は、アクティブなLink接続がある環境に対して実行することを確認してください。テストに資格情報が必要な場合は、ここで選択できます。

439439

実行を開始すると、結果が下に表示されます。

制限事項

1つのテストをトリガーするのは、単純なトラブルシューティングや検証の目的には適していますが、この方法でテストを実行すると、以下のような制限があることに注意してください。

  • テストは、要素を見つけるために30秒しか待機しません。通常の実行では、デフォルトの待機時間は60秒です。
  • 自動修復ロジックによって、ページ要素の検索情報が更新されません。インサイトとインサイトに影響を与えるモデルのどちらも更新されません。
  • Chromeの実行で、ステップトレースが生成されず、スピードインデックスも更新されません。
  • テストの完了後にWebhookがトリガーされません。
  • カスタムヘッダーを指定できません。
  • カバレッジ情報が更新されません。
  • 要素のスクリーンショットが取得されません。

mabl Trainerから1つのテストをトリガー

テストの編集中に、行った変更が正しく機能しているかどうかを確認したい場合があります。mabl Trainerから、編集中のテストのChromeでの実行を簡単にトリガーできます。[Save] ボタンの右側にあるアイコンをクリックしてメニューを展開し、[Save & run in cloud] をクリックします。

592592

実行が開始されるとメッセージが表示され、結果の読み込みが開始されるとすぐに新しいタブで表示されます。ただし、mablトレーニングセッションは前のタブで開いたままなので、心配は不要です。

🚧

資格情報

現在、[Save & run in cloud] 機能では資格情報はサポートされていません。プランまたは環境から渡された資格情報をテストで使用する場合は、上記のいずれかの方法を使用してください。

CLIからのmablテストの実行

テストはmabl CLIから手動で実行できます。詳細については、こちらを参照してください。

デスクトップアプリケーションからローカルでテストを実行

テストは、mablデスクトップアプリケーションのUIとTrainerの両方からローカルで実行できます。この機能の詳細については、こちらを参照してください。


Related resources
Did this page help you?