mabl Mailboxアドレスの作成

この記事では、mabl Mailboxアドレスを作成する方法を、一時的メールアドレスと永続的メールアドレスについて説明します。

  • 一時的メールアドレスは、mabl Trainer内の変数として生成され、テスト実行の完了後には消滅します。
  • 永続的メールアドレスは、mablアプリケーションで作成され、無期限に存続します。

一時的メールアドレス

一時的メールアドレスは、以下のような、1回のテストで完了するメールテストシナリオに適しています。

  • ユーザーアカウントの登録
  • Webフォームの送信通知 (Webサイトの問い合わせフォームに入力した後で送信されるメールなど)

一時的メールアドレスを生成するには、mabl Trainerでブラウザーテストを作成または編集します。その後、次の手順を実行します。

  1. mabl Trainerウィンドウの下部にあるプラスアイコン (+) をクリックして、ステップを追加します。
  2. [Mailbox] ステップをクリックします。
  3. [Create temporary email address] を選択します。
一時的メールアドレスの作成

一時的メールアドレスの作成

  1. mabl Mailbox変数の名前を指定します。
  2. [OK] をクリックします。これで新しいmabl Mailboxが作成されました。

一時的メールアドレスをカスタマイズして他のメールと区別できるようにするには、カスタムのメールアドレスプレフィックスが使用できます。

永続的メールアドレス

永続的メールアドレスは、一時的メールアドレスと異なり、無期限に存続します。永続的メールアドレスは、次のようなシナリオに適しています。

  • パスワードの復元のテスト
  • 一定時間にわたるメール通信のテスト
  • メールによるMFAが必要なログインのテスト

📘

永続的メールアドレスに送信されたメールを使用してトレーニングされるテストステップは、Unified Runnerでのみサポートされます。

永続的メールアドレスを作成するには、次の手順を実行します。

  1. mablアプリケーションの [Mailbox] ページに移動します ([Configuration] > [Mailbox])。
  2. [+ Create email] ボタンをクリックします。
The mailbox page
  1. メールアドレスの名前とプレフィックスを指定します。説明を追加することもできます。
  2. メールアドレスを保存します。

📘

永続的メールアドレスの制限事項

  • Enterpriseワークスペースで作成できる永続的メールアドレスの数は最大100
  • トライアルのワークスペースで作成できる永続的メールアドレスの数は最大20

永続的受信トレイの有効化と無効化

永続的受信トレイは、1時間に20通を超えるメールまたは1日に100通を超えるメールを受信した場合、自動的に無効化されます。無効化された受信トレイに送信されたメールのアサートまたはメールを開くステップがテストで実行された場合、ステップは失敗し、永続的受信トレイが無効化されているというエラーメッセージが返されます。

永続的受信トレイを再び有効にするには、[Mailbox] ページのトグルを使用します。

  • mablアプリケーションで[Configuration] > [Mailbox]に移動します
  • トグルをクリックして特定の受信トレイを有効または無効にします。

次のステップ

一時的メールアドレスまたは永続的メールアドレスを作成したら、Trainerでmabl Mailboxの使用を開始できます。