検索ステップの設定

概要

検索ステップの設定では、エレメントの属性に基づいてエレメントを待機する時間を指定できます。標準的な検索ストラテジーでは、ページが読み込まれるのを待ってから、一致するエレメントの候補を見つけます。しかし、お使いのアプリケーションや環境が比較的遅い処理速度で実行される場合は、十分な待機時間を確保せずに自動修復が行われる可能性があります。

設定された検索ステップを使用すると、重要度の高いエレメントの属性の指定や、mablが検索の範囲を拡げ、自動修復を行う前に、一致するエレメントを待機する時間 (最大15分) の指定を行うことができます。

ユースケース

検索ステップの設定は、特に次の場合に便利です。

  • アプリケーションが正しい状態になるのに時間がかかる場合
  • 特定の属性に基づいてエレメントを検索し、その属性が見つかり次第テストを続行する場合
  • 指定された時間内に属性がページ上に存在しない場合にテストを失敗にする場合

検索ステップの設定

596596

設定された検索ステップの作成

  1. ステップの [Configure find] オプションは、mabl Trainerの [More actions] メニューにあります。
591591

ステップの属性の選択

  1. [Configure find] メニューが表示されたら、ターゲットにする属性を選択します。これらのステップの柔軟性を確保するため、最も重要な属性のみを選択してステップが過度に制約されないようにします。この例では、innerTextが "NEW WINDOW" のボタンエレメントをターゲットにします。

注: 選択可能な属性は選択されたエレメントに基づいています。エレメントそのものではなく、エレメントのコンテナーや祖先を選択した場合、異なる属性が表示されることがあります。

📘

祖先エレメント

ページ上の対象を操作するステップには、mablがステップを実行するために検索を試みるターゲットエレメントが存在します。これは、クリック対象のエレメント、アサート対象のエレメント、マウスカーソルを合わせるエレメントなどです。ページ上でこのターゲットエレメントを識別するのが難しい場合、mablは識別可能な祖先エレメントに関する情報を取得して、ターゲットエレメントを検索するための目安にします。設定可能な検索では、待機する各エレメント (または1つのエレメント) の属性を選択することで、これらの各エレメントの検索方法を制御します。

593593

エレメントが見つからない場合のタイムアウトとアクションの指定

  1. 属性の選択が済んだら、続行する前にmablが待機する最長時間のタイムアウトを設定できます。mablで "NEW WINDOW" というテキストを含むボタンが見つからない場合、このステップは失敗します。指定された一連の属性が見つからないときにmablで類似エレメントの検索を試みる場合は、そのステップで自動修復を許可できます。この場合、検索パラメーターが拡大され、2番目に最適な候補が選択されます。

📘

エレメントの履歴

エレメントを検索する際に、mablは常にそのエレメントの最近見つかったバージョンの最新情報を使用します。Trainerのステップ情報には最新バージョンのみが表示されますが、手順の実行の出力でステップの下部にあるエレメントの履歴ボタンを使用するとすべての履歴を確認できます。最新バージョンが正しくない場合は、適切なエレメントの属性を待機するように検索を設定し、エレメントの履歴のロールバックを使用してmablが正しい属性の値との一致を検索するようにします。

データ駆動型検索ステップ

595595

設定された検索ステップでの属性の編集

  1. 設定された検索は、[Configure find] メニューの [Edit] オプションを使用してデータ駆動型ステップに変換することもできます。
603603
  1. これらの属性を編集して、選択した属性の特定の変数またはパラメーターを検索することができます。

👍

パラメーター化されたフロー

強力なフローの作成に関心がある場合は、対応する属性でこれらのパラメーターを参照してパラメーター化されたフローでデータ駆動型の設定された検索ステップを利用できます。


Did this page help you?