アクティビティフィード

mablでは、テストはチームスポーツであり、QAの専門家、開発者、製品マネージャー、その他のビジネス関係者の間で絶え間ないコラボレーションが必要であると考えています。いつでも全員が共通の認識を持てるようにするために、mablにはアクティビティフィードが用意されており、特定の期間にワークスペース全体で起こったことをすばやく確認できます。

38403840

サンプルデータによるアクティビティフィードの例。

アクティビティフィードにアクセスするには、[Settings] > [ACTIVITY FEED] に移動します。

ユースケース

アクティビティフィードの多くのユースケースは、ワークスペース全体で過去のユーザーアクティビティ情報にアクセスするための便利な方法を提供することにより、ユーザーのコラボレーションを促進することです。ユースケースの例は以下のとおりです。

  • 誰がユーザーのクレデンシャル情報や特定のテストプランを更新しているのかを確認する。
  • 見つからないテストをすばやく追跡して、誰がいつテストを削除したのかを確認する。
  • ユーザーでフィルタリングして、特定の期間のそのユーザーのアクティビティをクローズアップする。
  • 過去の期間のワークスペースアクティビティを確認する。
  • 再利用可能なフローやJavaScriptスニペットなどのエンティティタイプでフィルタリングし、誰が変更を加えているのかを確認する。
  • 古いテスト名を検索して、テスト名がいつ変更されたのかを確認する。
  • 特定のテストで問題につながった可能性のあるユーザーアクティビティを特定する。

複数のフィルターを組み合わせることで、探している情報だけを表示できます。

仕組み

アクティビティフィードは、ワークスペース内の以下のエンティティに対する作成、更新、削除のアクションを追跡します。

  • フロー
  • スニペット
  • テスト
  • ブランチ
  • プラン
  • 資格情報
  • アプリケーション
  • 環境

上記のエンティティのいずれかが作成、更新、または削除されると、数分以内にアクティビティフィードに更新情報が表示されます。情報には以下の内容が含まれます。

  • アクションタイプ (例: 作成、更新、削除)
  • エンティティタイプ (例: テスト、フローなど)
  • エンティティ名 (例: 新規ユーザー登録テスト)
  • アクションを実行したユーザーのユーザー名 (例: [email protected])
  • アクションが記録されたときのタイムスタンプ

📘

再利用可能なフローとデータ駆動型変数 (パラメーター)

再利用可能なフローでデータ駆動型変数を使用する場合は、テストレベルの変数ではなくフローパラメーターを使用し、必要に応じてテストごとにデフォルトのフローパラメーターを変更するのが最適です。フローでテストから直接取得したデータ駆動型変数を使用している場合、テスト内でこれらの変数のデフォルト値に変更が加えられると、新しいフローバージョンが作成され、アクティビティフィードとフローの変更履歴に表示されます。こうしたフローの不要な更新を回避するには、フローパラメーターを使用するのが最適です。

フィルターコントロールを使用すれば、アクティビティフィードビューを絞り込むことができます。フィルターを適用すると、フィードは利用可能な最新の情報で更新されます。フィードは表示したタイミングでも更新されますが、表示中は更新されません。

ユーザーのコラボレーションを促進するために、役割 (閲覧者、編集者、所有者など) に関係なく、すべてのユーザーがアクティビティフィードの情報を閲覧できます。


Did this page help you?