視覚的変化の検出

テストのプランで実行されるmablテストのトレーニングを行うと、mablは自動的にアプリケーションのUI状態のスクリーンショットの取得を開始します。クリック、テキスト入力、待機ステップなどの変更アクションが行われた後に、これらのスクリーンショットの一部がテスト出力に表示されます。mablでビジュアルモデルのベースラインを作成するには、テストを約10回実行する必要があります。

なお、視覚的変化に関するインサイトが生成されるのは、プラン設定で [Visual change learning] オプションを有効にしている場合に限られます。このオプションを無効にすると、視覚的変化は現在のテスト実行との間の比較だけになります。このオプションは、デフォルトで無効になっています。

15561556

[Visual change learning] オプション

視覚的変化の自動検出

mablでは、学習中に次のようなメッセージが表示されます。

13481348

ビジュアルモデルのベースラインの作成が完了すると、以下に示すように、視覚的変化に関するインサイトが生成されます。

15241524

テスト出力に移動して視覚的変化を確認する際には、視覚的変化にフィルターを適用し、ベースライン画像と並べて比較し、相違点を強調表示したものを確認できます。

28802880

mablによって識別された動的コンテンツ領域を確認する場合は、[Highlighting] --> [Dynamic content] をクリックします。

17821782

Did this page help you?