変数は、動的な値を必要とするテストシナリオに対処するのに役立ちます。また、テストとの値の受け渡しや複数のテスト間での値の受け渡しにも役立つため、テストが短くなり、トラブルシューティングとメンテナンスも簡単になります。

ユースケース

  • mabl Mailboxを使用したメールテスト用のメールアドレスなど、ランダムな値を生成する。
  • テスト対象アプリケーションのエレメントプロパティから値を抽出する。
  • テストに渡されるユーザー資格情報を安全に管理する。
  • カスタムJavaScriptコードを使用して日付を計算し、他の値を導き出す。
  • データ駆動型テストを実行して、さまざまなシナリオを簡単に検証する。
  • テスト間で変数値を共有する。
  • 環境レベル (APIキー、エンドポイント) で値を管理し、複数のテストでそれらを使用する。
  • 変数と数値に数学演算を適用する。

変数の概要

mablの変数は、いくつかのカテゴリーに分類されます。

タイプ

説明

アプリケーションのURL

アプリケーションのURLは、[Configuration] セクションで作成され、管理されます。

この変数はアプリケーションの開始URLを保持し、アプリケーションがデプロイされている環境に基づいて、テストの開始時に割り当てられます。通常は、テストを含むプランで設定されるか、トレーニングセッションの開始時に選択されます。

app.url (ブラウザーテスト)
api.url (APIテスト)

環境変数

環境変数*は、[Configuration] セクションで設定でき、テストが設定された環境で実行される場合は常に利用可能になります。

一般的にはAPIキーに使用されます。

資格情報

資格情報セット*は、[Configuration] セクションで設定でき、トレーニングおよび実行時にテストとプランに割り当てられます。

ユーザー名: app.defaults.username
パスワード: app.defaults.password

テストで生成される変数

これらの変数は、変数作成 ("Data Source" を除く)、APIステップmabl Mailboxを使用して、テストステップによって作成されます。

ランダムな値の作成

ローカル変数

ローカル変数には、フローパラメータースニペットパラメーターが含まれます。ローカル変数は、変数が宣言されたフローまたはスニペットのスコープ内に存在します。

flow.productId
flow.quantity

ランタイム変数

テスト実行IDやループインデックス (ループ中) など、実行時に値が生成される変数です。

run.loop_index

データ駆動型変数

テストまたはフローの実行が開始する前に、値が取得されるユーザー定義の変数です。

プラン実行で共有変数を受け取るようにテストを設定する。
DataTableで定義されたシナリオのセットによってテストを実行する。

*資格情報と環境変数は暗号化されます。

mabl Trainerでのすべての変数の表示

テストをトレーニングしながら変数を確認する場合は、次の手順を実行します。

  1. Trainerウィンドウの [{x}] ボタンをクリックします。
  2. 表示されるメニューで [Use all variables and their current values] を選択します。

ウィンドウにテストで利用可能なすべての変数、現在の値、値のソースが表示されます。

994994

[View All Variables] モーダル

📘

not yet evaluated

テストステップ中に生成された変数は、テストステップが実行される前に [not yet evaluated] と表示されます。

クラウド実行でのすべての変数の表示

テスト実行の変数をレビューする場合は、次の手順を実行します。

  1. [Test Output] ページに移動します。
  2. [View all >] をクリックします。テストの詳細モーダルが表示されます。
  3. [View] リンクをクリックして変数を表示します。
600600

[Test Variables] モーダルにテスト実行の変数の初期値と終了値が表示され、変数が共有されたかどうかが示されます。

詳細はこちら

ワークスペースで変数の作成と使用を開始するには、以下のガイドを参照してください。