APIテストでの変数の使用

APIテストで変数を使用すると、リクエストを連鎖させ、動的な値をアサートし、ランダム値を生成し、データ駆動型テストを行い、レスポンス間の値を比較し、動的データを扱う必要のあるシナリオに対応することができます。

変数の作成

APIテスト内で変数を作成するには、主に以下の2つの方法があります。

  • 左サイドバーの変数パネルを使用して作成
  • 特定のAPIリクエストのレスポンス検証の一環として作成
    通常は変数パネルを使用して、デフォルト値で変数を作成します。変数の値は後から、データテーブルや同じプラン内で実行された以前のテストからAPIテストに渡されるさまざまな値でオーバーライドできます。
23922392

変数パネルを使用した変数の作成とリクエストボディでの使用。

環境変数

複数の環境にまたがってAPIテストを実行する必要がある場合は、環境変数を使用して、環境固有の変数をAPIテストに渡すことができます。実行する必要がある手順は、以下のとおりです。

  • APIエディターで、左側のパネルにある変数の追加ボタンを使用して、デフォルト値で変数を追加します。この変数はその後、環境に応じてオーバーライドされます。
  • mablアプリケーションの [Configuration] > [Applications] で、環境名の横にある鉛筆アイコンをクリックして、環境変数を編集します。APIテストですでに定義したものと同じ変数名を使用してください。
    これで、目的の環境を選択することで、mablクラウドでAPIテストを実行できるようになり、mablはその環境から取得した変数値を使用します。

データ駆動型テスト

変数とデータテーブルを使用してテストの外部にあるテストデータを管理することで、データ駆動型ブラウザーテストと同様の方法で、データ駆動型APIテストを実行できます。以下のステップを実行します。

  • APIエディターで、左側のパネルにある変数の追加ボタンを使用して、データ駆動型変数を指定のデフォルト値で追加します。
  • mablアプリケーションの [Configuration] > [Datatables] で、APIテストで使用したものと同じ変数名でデータテーブルを作成し、テストするシナリオの数に応じて各変数に値を割り当てます。
  • APIテストの詳細ページに戻り、左上の鉛筆アイコンをクリックしてテストを更新し、新しく作成したデータテーブルをテストに関連付けます。mablクラウドでテストを実行すると、変数名が一致する限り、mablはデータテーブルシナリオに使用される値に基づいて、デフォルトの変数値をオーバーライドします。
    データテーブルをAPIテストに関連付けたら、テスト詳細ページにある [RUN TEST] ボタンを使用して、mablクラウドでアドホックAPIテストを実行し、データテーブルの使用を選択して、すべてが期待どおりに動作するかどうかを検証することができます。

Did this page help you?