mabl Trainerでの変数の使用

mabl Trainerには、変数を使用できる多くのアクションがあります。

ステップのタイプに応じて、ドロップダウンから変数を選択するか、mabl変数構文を使用して文字列の中で編集を参照します。

📘

mabl変数構文

変数は、名前の先頭に@記号を追加して、二重中括弧 {{ }} で囲むことで、mablテストで参照できるようになります。

たとえば、"product_id" という変数を参照する場合は、{{@product_id}} と記述します。

入力値

定義した変数は、入力値として使用できます。

  1. [{x}] ボタンをクリックします。
  2. 表示されるメニューで [Use an existing variable] を選択します。
  3. [Input value] ボタンをクリックします ([URL to visit] については、こちらのガイドを参照してください)。
  4. 変数の値を挿入するページエレメント (入力フィールドまたはテキスト領域) を選択します。
  5. mabl Trainerウィンドウで、ドロップダウンから変数を選択します。
298298
  1. [OK] をクリックします。変数の値が、ページ上の選択した入力フィールドに挿入されます。

変数の参照

mabl変数構文を使用して、変数を他の変数または静的テキストと組み合わせ、入力ステップ、アサーション、条件、追加の検索条件を使用するステップ (Configure Findとカスタム検索) で使用します。

以下は、既存の入力ステップを更新する例です。

  1. 入力ステップの鉛筆アイコンをクリックします。設定メニューが表示され、値を更新できます。
299299
  1. mabl変数構文を使用して、変数を参照します。この例では、現在の値が "user789" である変数new_userを参照しています。プレビューでは、{{@new_user}}@email.comが[email protected]として表示されています。
298298
  1. [OK] をクリックします。ステップをもう一度再生すると、プレビューに表示されている値が入力されます。

以下は、変数を参照するアサーションの例です。

297297

📘

変数参照の制限事項

変数の挿入は、データ駆動型変数または環境変数ではサポートされていません。つまり、これらの変数の値には、{{@anotherVar}} のような他の変数への参照を含めることはできません。