GitHub Checksでmablのテストを実行する

mabl GitHubインテグレーションにより、GitHubのプルリクエスト(PR)やコミッ トチェックの一環として、エンドツーエンドのテストを実行できます。このように、チームは開発プロセスの早い段階でフィードバックを受け、コードの変更が機能的または視覚的なUI の後退を引き起こさないようにできます。また、GitHubのチェックを使って、PRを承認してマージする前に、すべてのテストが合格しているかどうかも確認できます。

使用例

GitHubのコミットをテスト環境にデプロイするチームは、mabl GitHub checkを以下のように活用できます。

  • GitHubのコミットやPRの一部としてテストチェックを実行し、早期のフィードバックを得る。
  • GitHubのPRを承認してマージする前に、テストチェックがパスすることを要求する。

インテグレーションの設定

まず、GitHub のインテグレーション設定手順に従って、インテグレーションをインストールします。

 Allow manually re-running GitHub checks オプションを有効にして、Pull Request のレビュアーが GitHub から mabl テストの再実行を手動で実行できるようにする必要があります (下記画像参照のこと)。詳細については、GitHubインテグレーションの設定を参照してください。

18721872

GitHubでmablをチェックする

GitHub とのインテグレーションが完了したら、GitHub にデプロイしたコミットに対して mabl でテストを開始しましょう。mabl CLI を使って デプロイイベントを作成し、下の画像のように GitHub にチェックとして表示させられます。

15001500

mablのテスト結果がGitHubのPRチェックとして表示される

mabl deployments create コマンドで --revision オプションを使用し、テスト用にデプロイされるコードのリビジョンハッシュの値を渡すことが重要です。リビジョンハッシュは、実行中の mabl テストと GitHub のチェックを結びつけるもので、コミットや PR に対する GitHub のチェックの一部として mabl チェックが表示されます。

コードリビジョンハッシュは、通常CI/CDツールに渡され、そこから取得して、mabl CLIコマンドに渡せます。mabl CLIでmablのデプロイメントイベントを手動で作成する場合、GitHubのコミット詳細からハッシュを取得できます。ただ、ハッシュの最初の7文字か、すべての文字をコピーするようにしてください。

20202020

mabl GitHub Checks の詳細

mabl GitHubのチェックの詳細の中に、次のようなものがあります。

  • チェックの一部として実行されたすべてのプランとテストの一覧
  • 各テストの実行状況:合格または不合格
  • mablアプリのGitHubインテグレーション設定で構成されている場合、テストを手動で再実行するオプションがあります。

GitHub内でテスト名をクリックすると、mablアプリに移動し、トラブルシューティングのために、スクリーンショット、DOMスナップショット、ネットワークアクティビティなど、テスト実行の完全な出力詳細を確認できます。

20142014

GitHubチェックのためのmablテストの詳細

UIテストの追加実行

GitHub にプッシュしたコミットをデプロイするときに、mabl のスモークテストを自動的に実行するとしましょう。すべてのスモークテストがパスしたことを確認したら、GitHub PR をマージする前にすべてのリグレッションプランを実行して問題を検出したいと思うかもしれません。

この場合、3つの方法で実行できます。

  • mabl CLIで mabl deployments create コマンドを使用して、アプリID、環境ID、URL、ラベル、mablブランチなどを指定し、mablで新しいデプロイメントイベントを作成する。
  • mablアプリ内で、ブランチ上でプランを手動で実行するためにクリックし、各URLを指定します。
  • mablアプリから各URLを指定して手動でテストを実行する

デフォルトでは、これらの追加テストの実行結果は、mabl GitHub Checks では表示されず、mablにアクセスして確認する必要があります。mabl CLIを使い、mabl deployments createコマンドの--revisionオプションに、それぞれのGitHubコミットのリビジョンハッシュを値として渡せば、GitHub mablチェックを更新して追加のテスト実行結果を表示し、チームの全員がそれを見られるようにすることも可能です。PRを開いている場合は、PRの最新コミットのハッシュを使用する必要があります。

20582058

リビジョンハッシュ値には、文字列の先頭から7文字以上の文字が含まれている必要があります。

テストの作成と更新

コードブランチの変更を反映させるために新しいテストを作成したり、既存のテストを更新したりする必要がある場合、テストの変更を mabl ブランチに保存し、コードが master にマージされ、環境にデプロイされた後にそれらをマージすることをお勧めします。mablのブランチとバージョン管理については、ブランチとバージョン管理を参照してください。