Slack通知を設定する

Slackインテグレーションを利用すれば、mablの通知を簡単にSlackに転送できるます。

Slack通知設定

  • Settings > Integrations からSlackインテグレーションを追加します
  • 通知先のチャンネルを選択します
  • mablの画面に戻り、Slack通知に組み込みたいインサイトの種類を選択します

通知先チャンネルの再設定はできません。一度削除して操作をやり直してください。それ以外の通知の設定はあとで編集可能です。

チャンネルの設定

  • チャンネル名
  • チーム名
  • メンションしたいユーザ
  • メンションしたいグループ

Planの設定

  • Plan run passed: PlanがPassしたとき
  • Plan run started: Planが実行開始したとき
  • Plan run failed: Planが失敗したとき
  • Plan run status changed: Planの状態が変わったとき(失敗から成功にもどったときなど)

その他の通知の設定

  • Comments: テスト結果にコメントされたとき
  • Auto heal: オートヒール(自己修復)が動いたとき
  • Application broken: トップページの読み込み失敗や、自動ログインに失敗したとき
  • Visual changes: 画面に変化があったとき。この通知を有効化するためには、Planの設定でVisual changeをオンにしてください
  • Timing: ページのロード時間が長くなったり、テスト実行タイミングに問題があったとき
  • Javascript error: Javascriptエラーが発生したとき
  • Broken links: リンク切れが発生したとき
  • Integration event: 統合イベントが発生したとき。新しいSlack通知を追加したときや、デプロイイベントを受け取ったときなど

通知のフィルタリング

  • Insight statuses: 通知を飛ばしたいレベルの設定。
  • Plan labels: Planのラベルを指定。

📘

Planのラベルで通知を絞り込む

Planに複数のラベルが選択されているときは、「OR」条件となります。よって、選択されたラベルのどれかに一致するプランの状態を通知します。

完了したら、「Save」をクリックします。すると、「Integrations」タブに戻り、Integrationの編集や削除ができるようになります。


Did this page help you?