ブランチでのテストの実行

ブランチでテストを実行することで、変更内容をチェックし、テストとテスト対象のアプリケーションの両方に問題がないことを確かめてからマージすることができます。個別のテストとプランの両方をブランチで実行できます。

ブランチでの単一のテストの実行

mabl Trainer内で実行

Trainerでテストを開いて、次の手順を実行します。

  1. Trainerウィンドウの上部にあるブランチドロップダウンで、適切なブランチが選択されていることを確認します。
  2. Trainerウィンドウの上部にカーソルを移動します。
  3. 再生ボタンをクリックします。
306306

mabl Trainer内のブランチでのテストの実行

アドホック実行

実行するテストの詳細ページに移動し、次の手順を実行します。

  1. ページ上部のブランチドロップダウンから目的のブランチを選択します。
  2. [Run test] ボタンをクリックします。
  3. [Local run] または [Cloud run] を選択します。必要に応じて、その他の設定を行います。プレビュー環境またはその他のテスト環境で、URLを任意に変更してテストする場合、[URL Override] オプションで、使用するURLを指定できます。
  4. 下部の [Start run] ボタンをクリックします。masterブランチ上の実行ではないことを示すブランチアイコンとともに、クラウド実行が表示されます。
600600

ブランチでのテストの実行

ブランチでのテストプランの実行

ブランチでプランを実行するには、プラン詳細ページに移動し、次の手順を実行します。

  1. [Run plan] ボタンの横にあるドロップダウンメニューをクリックします。
  2. [Run on branch] を選択します。[Configure plan run] メニューが表示されます。
  3. プランを実行するブランチを選択します。必要に応じて、テスト環境のURLをオーバーライドできます。
  4. [Run now] をクリックします。プランをブランチで実行すると、ブランチアイコンが表示されます。アイコンにカーソルを合わせると、プランがトリガーされたブランチの名前が表示されます。
600600

ブランチでのプランの実行

📘

ブランチとプラン

プランをブランチに保存することはできませんが、ブランチを指定することはできます。実際には、次のような制限事項があります。

  • ブランチでプランを実行する場合、プランはそのブランチにある各テストの最新バージョンを使用します。ブランチにテストが存在しない場合、プランはmasterにあるそのテストの最新バージョンを使用します。masterにも、プランを実行するブランチにもテストが存在しない場合、そのテストはスキップされます。
  • プランがmasterで実行され、プラン内のテストがmasterブランチに存在しない場合、プランはそのテストをスキップします。