マルチワークスペースの請求と使用法

Enterpriseプランのご契約内容によって、毎月のクラウドテスト実行を組織全体のさまざまなワークスペースに割り当てられます。ダッシュボードには、これらのワークスペース全体のテスト実行の使用状況が表示されます。

このダッシュボードには、組織のワークスペース全体のテスト実行の使用状況が表示され、昇格された権限を持つユーザーがアクセスでき、特定のワークスペースには関連付けられていません。閲覧者の場合は、mablアプリケーションの右上にあるワークスペースのドロップダウンから現在サインインしているワークスペースに関係なく、このダッシュボードにアクセスできます。

🚧

管理

この機能は、読み取り専用であることに注意してください。新しい閲覧者を追加したり、ワークスペースの割り当てを変更したりするには、mablのカスタマーサクセスマネージャー (CSM) に連絡する必要があります。

会社ダッシュボード

会社に複数の個別請求アカウントがある場合は、各アカウントでのテスト実行の使用状況を1つのダッシュボードで確認できます。これらのアカウントのいずれかをクリックすると、より詳細なビューが表示され、個々のワークスペースやその月の予測実行数などのデータを確認できます。

15981598

複数の請求アカウントでの使用状況。

アカウントダッシュボード

会社の請求書が1つしかない場合 (現在、mablのほとんどのお客様が該当) や、上記のアカウントの1つをクリックした場合は、アカウントダッシュボードが表示されます。ここでは、自分や他の閲覧者が、アカウント内のすべてのワークスペースでの実行の使用状況を確認できます。

15961596

1つの請求アカウントの複数のワークスペースでの使用状況。

ワークスペースの許可された実行数

mabl CSMを介して、ワークスペースの許可された実行数を設定できます。これらの「許可数」は、会社ダッシュボードとワークスペース自体の両方に表示されます。

会社の使用状況閲覧者

会社内のどのユーザーも、現在の役割に関係なく、会社の使用状況閲覧者として追加できます。これは、mablユーザーが追加として持つことができる役割であり、ワークスペースレベルで存在する標準的な所有者、編集者、閲覧者の役割を置き換えるものではありません。

使用状況閲覧者には、通常のmablユーザーや、ワークスペースの所有者とも区別される主要な権限の1つとして、会社ダッシュボードとアカウントダッシュボードへの読み取り専用アクセスがあります。

さらに、使用状況閲覧者は、会社に関連付けられ、会社に対して請求書が発行されているワークスペースであれば、メンバーではないワークスペースの全体的な使用状況データを確認できます。こうした個人を、その個人が管理しているワークスペースのユーザーとして追加することをお勧めしますが、これは必須の手順ではありません。

🚧

会社の使用状況閲覧者の追加

会社に新しい閲覧者を追加するには、mabl CSMに連絡する必要があります。デフォルトでは、どのユーザーも閲覧者にはなりません。