Microsoft Teamsインテグレーションのセットアップと設定

mablのMicrosoft Teamsインテグレーションにより、プランの失敗、インサイト、コメントなどのアクティビティを、ワークスペースから選択したチャネルに直接送信できます。

はじめに - 初期設定

このインテグレーションは、Teamsの着信Webhook機能に基づいており、mablなどのアプリケーションがチャネルに更新を直接送信することができます。このため、選択したチャネルにWebhookを追加するためにTeamsでの十分な権限を取得するか、これを代わりに行ってくれる別のユーザー (管理者など) を見つける必要があります。また、これを行うには、少なくともmablの編集者である必要もあります。

開始する前に、Teams内から始めることをお勧めします。このガイドの後半で詳しく説明するように、mabl内でインテグレーションを保存するには、コネクターの宛先URLが必要です。

Teams内

  1. Webhookを追加するチャネルに移動し、上部のナビゲーションバーから [••• その他のオプション] を選択します。

  2. ドロップダウンメニューから [コネクタ] を選択します。

406406
  1. [Incoming Webhook] を検索し、[追加] を選択します。

  2. [構成] を選択し、名前として「mabl」と入力します。簡単に識別できるように、アイコンとしてこの画像をダウンロードすることをお勧めします。リンクを開き、右クリックして、[名前を付けて画像を保存] を選択してダウンロードします。

940940
  1. ダイアログウィンドウに、チャネルにマッピングされた一意のURLが表示されます。Microsoft Teamsに情報を送信するためのWebhook URLをコピーして保存し、[完了] を選択します。
940940

mabl内

  1. mablアプリケーションに移動し、[Settings] ページの [Integrations] タブに移動します。

  2. Microsoft Teamsのインテグレーションカードを見つけて、[Add] を選択します。

850850
  1. 表示されたフィールドに、ステップ6でコピーしたURLを追加します。
35763576

サンプル設定。プランの失敗、(以前は失敗していたが) 新たに成功したプラン、コメント、視覚的な変化、リンク切れについてアラートします。

  1. インテグレーションには、データの送信先となるチャネルの名前など、識別しやすい名前を付けます。

  2. チャネルに送信するデータを設定します。この設定は、ニーズに合わせて後でいつでも更新できます。

13421342
  1. 保存します。これで、インテグレーションの設定は完了です。

設定

Teamsに送信できるメッセージには、複数の種類があります。メッセージの種類は以下のとおりです。

  • プランの失敗: プランが失敗し始め、成功したインサイトに戻ることが含まれます。
  • アプリケーションの破損: ホームページ読み込みの失敗と自動ログインの失敗に関するインサイトが含まれます。
  • タイミング: ページ読み込みとテスト実行のタイミングに関するインサイト。
  • リンク切れ: リンク切れと修正されたリンク。
  • 自動修復: テストへのmablの適応。
  • 視覚的な変化: テスト実行中に見つかった視覚的な差異に関するインサイト。これらのインサイトを受け取るには、プランでビジュアルモデルの作成を有効にします。
  • Javascriptのエラー: テスト実行中に発生した新しいJavascriptのエラーと修正されたJavascriptのエラー。
  • インテグレーションイベント: mablとのインテグレーションイベント、最初に成功したデプロイメント、最初のプラン実行に関するインサイト

注: 複数のプランラベルが選択されている場合、一致するプランにいずれかのラベルがタグ付けされていると、通知が届きます。