Jiraクラウドインテグレーション(セットアップと設定)

Jiraクラウドエディション用のmablインテグレーション(統合)を利用することで、ソフトウェア開発チームは以下のようなメリットを得られます。

Jiraクラウドエディション用のmablインテグレーション(統合)を利用することで、ソフトウェア開発チームは以下のようなメリットを得られます。

  • スクリーンショット、DOMスナップショット、ネットワークアクティビティ(HAR)ファイル、テスト失敗時のChromeパフォーマンストレースなど、mablのテスト結果から直接Jiraに問題の詳細を取り込みます。
  • テストの各ステップから収集された、スピードインデックスを含む mablの総合診断データにより、報告された課題をJiraで迅速にトリアージできます。
  • Jiraの課題からmablのテストへ、またはその逆を、両システムで素早くトレース可能です。
  • 既存のJiraチケットにテストとテスト結果を添付し、トレーサビリティとテストケースの管理を行えます。
  • ワークスペース内の誰でも簡単にJiraチケットを作成できます。

使用例

障害をエスカレーションする

豊富な診断データを含む詳細な課題を、数ステップで作成できます。障害から作成されたJira課題は、作成されたテストとテストランに直接リンクされるため、ローカルまたはクラウドでの課題の検証をこれまで以上に迅速に行えます。

テストケース管理

mablのテストやテスト実行を、要件などの既存のJira課題や、テストケースのようなXRayやZephyrのカスタム課題タイプと関連付けます。これにより、要件とテストをmablの外部にある1つの場所で追跡でき、チーム全体が可視化されます。例えば、mablのテストをJira課題やXRayテストにリンクし、どのテストがどのテス トケースに関連しているかを追跡できます。

📘

Jiraクラウドインテグレーションがすでに設定されていますか?

課題の作成とリンクについては、こちらのドキュメントをご覧ください。

mabl Jira クラウドアプリのインストール

  1. mablワークスペースに、Issue Tracker APIキーが必要です。これは、Settings > API ページで確認できます。ワークスペースに Issue Tracker APIキーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーがページの右上にある Create API Key ボタンをクリックし、Issue Tracker タイプを選択してキーを作成する必要があります。
  2. Jira 管理者は、mabl Jiraクラウドアプリをインストールする必要があります。これを行うには、管理者は弊社の Atlassian marketplace リストにアクセスします。リストで、右上のオプションを選択し、インストールします。
アプリが正常に追加されたことを示す一覧ページ。アプリが正常に追加されたことを示す一覧ページ。

アプリが正常に追加されたことを示す一覧ページ。

🚧

Jira管理者とJiraプロジェクト管理者の比較

Jira プロジェクトの管理者以下は、Jiraクラウド統合を操作するのに十分な権限がありません。すべてのプロジェクトにアクセスできる Jira 管理者のみが、拡張機能を適切にインストールできます。

  1. アプリをインストールしたら、リストまたはアプリの管理ページから、mabl Jiraクラウド アプリの 設定ボタンをクリックします。
設定ボタンは、左上、拡張されたアプリの詳細の下にあります。設定ボタンは、左上、拡張されたアプリの詳細の下にあります。

設定ボタンは、左上、拡張されたアプリの詳細の下にあります。

  1. このワークスペース統合に付けたい名前、先ほど作成した Issue Tracker API キー、現在のワークスペースのワークスペース ID(ここにあります)、このワークスペースに課題を作成させたい特定の Jira プロジェクトを入力し、アドオンを設定します。その後、Add Integration ボタンをクリックします。ページはすぐに再読み込みされ、上部のテーブルには新しく作成されたワークスペース統合が表示されます。

これでインストールが完了し、mablワークスペースのユーザーはJiraで課題の作成を開始できるようになりました。

Jiraクラウドインスタンスに追加のワークスペースを接続する

mablに複数のワークスペースがある場合、別のアプリケーションをインストールせずに、Jiraクラウドインスタンス内の既存のmablアプリケーションを簡単に構成して、これらに接続することができます。

そのためには、上記で説明した「mabl Jira クラウドアプリのインストール」で説明するステップに従うだけです。唯一の違いは、Jira Adminがインストールする代わりに、ステップ2で "Configure "をクリックすることです。そこから、ステップ 4 に示すように、各ワークスペースのそれぞれの API キーとワークスペース ID を使用して、中央アプリに接続することができます。


Did this page help you?