Jenkinsインテグレーション

mabl Jenkins Integration Pluginを使用すると、特定の環境やアプリケーションのプランを自動的にトリガーして、ビルドステージとして実行できます。このインテグレーションは、Jenkinsのフリースタイルプロジェクトか、パイプラインプロジェクトで使用できます。

Jenkinsプラグインを利用する

mabl Jenkins Integration Pluginを使用すると、特定の環境やアプリケーションのプランを自動的にトリガーして、ビルドステージとして実行できます。このインテグレーションは、Jenkinsのフリースタイルプロジェクトか、パイプラインプロジェクトで使用できます。

このプラグインでは、プランに設定されたラベルを使って、特定のラベルが付いたプランの実行が可能です。また、mablのbranchパラメータを使用して、トリガーされるテストに使用するブランチを指定できます。mablがどのようにブランチを扱うかについてはこちらをご覧ください。

プラグインの詳細については、Jenkinsのプラグインリポジトリをご覧ください。

📘

APIキータイプについて

このプラグインでは、mablの CI/CD Integration Key を使用してください。このAPIキータイプは、特定の操作のみに限定されており、万が一キーが公開された場合のセキュリティリスクを制限します。Jenkinsインテグレーションプラグインのmabl APIキーは、Jenkins Credentials Pluginを使って安全に保管されます。

プラグインの実行結果

プラグインの実行結果は、mablで見ることも、JUnit形式のテスト結果ファイル(XML)で見ることもできます。JUnit形式のテスト結果ファイルは、mablテストの完了後、Jenkinsのビルドディレクトリにある reports.xml ファイルに出力されます。

Jenkins JUnit プラグインを使用すると、Jenkins で mabl の結果を表示できます。

  1. ビルドに Run mabl tests アクションを追加する。
  2. JUnit テスト結果レポートの表示 アクションをビルドに追加する。
  3. Test report XMLs フィールドに report.xml を設定する。
  4. Do not fail the build on empty test results (empty if no tests run) にチェックを入れる。
Jenkinsのmabl用ビルドアクションとJUnitテストレポートの設定Jenkinsのmabl用ビルドアクションとJUnitテストレポートの設定

Jenkinsのmabl用ビルドアクションとJUnitテストレポートの設定

これで、各ビルドの「Test Result」で、テスト実行とともに作成されたテスト結果を確認できます。

JUnitの結果出力により、 mablテストの詳細を確認できます。JUnitの結果出力により、 mablテストの詳細を確認できます。

JUnitの結果出力により、 mablテストの詳細を確認できます。

JUnitレポートのテストケースID

生成されたJUnitレポートには、トリガーされたテストに関連するテストケースIDの情報が含まれています。Jenkins の標準的なレポートでは、このような追加情報はユーザー・インターフェイスに表示されないことに注意してください。ただし、インテグレーションによって作成されたJUnit report.xmlは、他のアプリケーションに渡すことができます。

📘

目的のプランにデプロイメントトリガーを追加する

プラン設定にデプロイメントトリガーがあるプランのみが、ビルドステップで実行されます。


Did this page help you?