ヘッドレステスト

mabl CLIでは、mabl tests runコマンドを使用して、テストをヘッドレスモードでローカルに実行できます。ヘッドレスモードは、mablテストを実行するための、よりパフォーマンスに優れた中断の少ない方法です。テストはバックグラウンドで実行され、mablクラウドの実行回数にカウントもされず、より迅速に結果を返します。ヘッドレスモードを使用すると、QAエンジニアはテストの変更をローカルですばやく検証でき、ソフトウェア開発者はローカルブランチに対するエンドツーエンドのリグレッションテストを、ワークフローを中断することなく実行できます。

ヘッドレスモードでのテストの実行

mabl tests runコマンドを--headlessフラグを指定して実行すると、ヘッドレステストを実行できます。1つのテストを実行するには、テストIDまたはテスト実行IDのいずれかを指定します。これらのIDを簡単に取得する方法については、「[CLI用のmablリソースIDの取得](https://help.mabl.com/docs/using-the-mabl-cli-ja」セクションを参照してください。runコマンドは、複数のmablテストを順次実行するためのラベルまたはプランIDの使用もサポートしています。

テストID

テストIDを使用すると、オプションのフラグで指定しない限り、追加の設定をしなくてもmablテストが指定されます (フラグの一覧を表示するには、mabl tests run -hを実行してください)。

mabl tests run --id <TEST_ID> --headless

テスト実行に必要な設定フラグを必ず設定してください。

  • -eまたは--environment-idフラグ: テストを実行するmabl環境を指定します。オプションを表示するには、mabl environments listを使用します。環境を指定すると、テストの実行時に、mablが適切な環境変数や、学習した要素の検索情報 (自動修復など) を使用できるようになります。
  • -uまたは--urlフラグ: テストを実行する特定のURLを指定します。このフラグは、ローカルビルド環境やプレビュー環境に対してテストを実行する場合に使用します。
  • --mabl-branchフラグ: テストを実行するmablブランチを指定します。テストでは、可能であれば、そのブランチの最新バージョンが使用されます。mablブランチの使用方法の詳細については、「ブランチとバージョン管理」を参照してください。
  • --credsまたは--credentialsフラグ: ローカル実行時に使用するテストの資格情報セットを指定します (利用可能な資格情報セットはmabl credentials listで表示)。
  • --interaction-speedフラグ: mablがWebページを操作する速度を設定します。このフラグが指定されていると、テスト実行の設定がオーバーライドされます。

テスト実行ID

テスト実行IDを使用すると、テストは、そのmablテスト実行がクラウドで実行されたときに使用された設定で実行されます。CLIは、テスト実行IDを使用して、ワークスペース、環境、資格情報、自動修復、検索情報などを引き出し、ローカルでテストを実行します。

mabl tests run --run-id <test-run-id> --headless

対象プランID

--from-plan-idフラグを使用すれば、特定のプランからテストのリストをクエリし、それらのテストを順次実行できます。プランの環境ID、URL、資格情報クレデンシャルIDも、指定されていなければ使用されます。プランIDを取得するには、mabl plans listコマンドを使用します。

mabl tests run --from-plan-id <PLAN_ID> --headless

注: このコマンドは、プラン情報をグループ化メカニズムとしてのみ使用します。これはプラン実行ではないため、高度なプラン設定 (ステージや共有変数など) は適用されません。

テストラベル

--labelsフラグを使用すれば、テストのセットを選択し、それらのテストを順次実行できます。CLIは、最大100個のテストまで、このセット内のすべてのテストを順番に実行します。さらに、--exclude-labelsフラグを使用すると、セットからテストのサブセットを除外できます。どちらのフラグの場合も、ラベルはスペース区切りのリストとして入力してください。

mabl tests run --labels label1, label2, label3

mabl tests run --labels label1, label2, label3 --exclude-labels label4

複数のmablワークスペースを使用する場合は、必ずワークスペースIDを指定してください。

  • -wまたは--workspace-idフラグ: 使用するワークスペースを指定します。デフォルトは、設定されたワークスペースまたはユーザーのデフォルトです。オプションを表示するには、mabl workspaces listを使用します。

Related resources
Did this page help you?