GitHub Issueを自動作成する

mabl GitHubアプリを使用して、テスト実行のインサイトをGitHubリポ ジトリと統合し、テストプランの失敗、ビジュアル変更、その他のmablイン サイトに対してGitHub Issueを自動的に作成します。また、このアプリは、mablがGitHubと相互に通信するために必要です。

mabl GitHubアプリを使用して、テスト実行のインサイトをGitHubリポ ジトリと統合し、テストプランの失敗、ビジュアル変更、その他のmablイン サイトに対してGitHub Issueを自動的に作成します。また、このアプリは、mablがGitHubと相互に通信するために必要です。

mablのインサイトに対してGitHub Issueを作成する以外のアクションを取りたい場合、より強力なインテグレーションオプションについては、GitHubのカスタムイベントを生成するを参照してください。

GitHub Issueの自動作成を開始する方法

  1. GitHubインテグレーションセットアップに従ってください。
  2. CI/CDワークフロー、mablデプロイメントインテグレーションを使用する)でmablテストを起動するように設定する(またはmabl CLIやCurlコマンドで手動で行う)。

デプロイメントが発生したとき

mablは、デプロイの一部として開始されたすべての計画実行を検出します。これらのデプロイメントは、git ハッシュを介してソースリポジトリに自動的にトレースされます。以前通過したプランが失敗し始めた場合など、失敗のInsightが発生した場合、即座にそれぞれの詳細とともにGitHub Issueとしてファイリングされます。

13741374

mablのインサイトから作成されたGitHub Issueのサンプル

GitHubの課題作成を管理する

この機能の動作のカスタマイズの詳細については、GitHub インテグレーションの設定を参照してください。


Related resources