GitHubのデータでフィルタリング

GitHubとのインテグれションを設定すると、mablプラン、テスト、デプロイメントイベントの結果をGitHubハッシュで簡単に追跡できます。これにより、リグレッションの原因を特定し、どのコードが原因でテストが失敗したかの判断が、これまで以上に簡単になります。

GitHubとのインテグレーションを設定すると、mablプラン、テスト、デプロイメントイベントの結果をGitHubハッシュで簡単に追跡できます。これにより、リグレッションの原因を特定し、どのコードが原因でテストが失敗したかの判断が、これまで以上に簡単になります。

テスト結果のフィルタリング

GitHubの特定の情報でフィルタリングするには、まずmablアプリのResultsページに移動する必要があります。このページには、最近実行したテストの結果がデフォルトで表示されます。また、現在 Git ハッシュでフィルタリングできるのはこのページだけです。

GitHubとのインテグレーションに成功している場合、ページの上部にAdvanced Filtersセクションが表示されます。ここでは、特定の GitHub 課題番号を指定できます。これを変更すると、すぐに以下のようなフィルタリングが行われます。

Resultページの高度なフィルタResultページの高度なフィルタ

Resultページの高度なフィルタ


Did this page help you?