エレメントアサーションに使用できる他の方法

正しいエレメントに対してアサートすることが難しい場合があります。アサート対象のエレメントが、ページ上の他のエレメントと非常によく似ていることや、まったく同じであることもあります。また、プロパティと属性が値を動的に生成するエレメントもあります。さらに、別のエレメントにカーソルを合わせたときに一瞬だけ表示されるエレメントもあります。

記録されたアサーションステップを使用して正しいエレメントをアサートできない場合、次のいくつかの方法を試すことができます。

[Configure Find] の追加

アサーションが誤ったエレメントをターゲットとしている場合、最も重要なエレメント属性を指定するために [Configure Find] の追加を試してください。

📘

アサーションの自動修復

アサーションに [Configure Find] を使用するときは、auto-heal (デフォルト設定) と [fail this step] のどちらかを選択する必要があります。[fail this step] を指定すると、[auto-heal] は無効になります。

Assert on element

エレメントに対する通常のアサーションが難しいと判明した場合、別の方法として、エレメントを見つける既存のステップ (クリックステップなど) をアサーションに変換することができます。

  1. 変換するクリックステップの [More actions (...)] をクリックします。
  2. ドロップダウンから [Assert on element] を選択します。
294294
  1. アサーションの条件を設定します。
  2. [OK] をクリックします。既存のクリックステップがアサーションステップに変換されます。

カスタム検索アサーション

カスタムのCSSクエリまたはXPath IDを使用して、アサートするエレメントを識別できます。カスタム検索アサーションを作成するには、次の手順を実行します。

  1. +記号をクリックして、新しいステップを追加します。
  2. [Find elements] を選択します。
  3. カスタム検索ビューでCSSまたはXPathを使用して、ブラウザーウィンドウのエレメントを識別できます。
  4. アクションとして [Make assertion] を選択します。
  5. [Next] をクリックすると、エレメントアサーションメニューでアサーションの条件を設定できます。

👍

まず [Configure Find] を試す

CSSまたはXPathを使用する前に、[Configure Find] で正しいエレメントの識別を試すことをお勧めします。

[Configure Find] を使用するネイティブのクリックアサーションの方が保守が容易であるため、カスタム検索アサーションは、エレメントを正しく識別するために必要な属性が [Configure Find] に含まれない場合にのみ使用してください。

mablでのエレメントの識別の概要については、エレメントを正しく見つけるを参照してください。