キー入力の記録

mabl Trainerでキー入力ステップを記録する方法は2つあります。作成したキー入力ステップを編集するには、記録したステップの鉛筆アイコンをクリックします。

方法1: 記録中にアプリケーションでキー入力を行う

mablの記録モードでは、テスト対象のアプリケーションの操作中に押したキーやショートカットが記録されます。ステップは、TrainerのステップカーソルにSend "sample" keypresses to...という構文で自動的に追加されます。

mablでは、英字、数字、および!、?、/、#、~などの多くの特殊文字を含む、1字のキー入力の大半を記録できます。また、Ctrl+LやAlt+Shift+Tなどのキー入力の組み合わせも記録できます。

次の特殊文字については、わかりやすくするために、文字記号を使用する代わりにスペルアウトされます: [ENTER]、[TAB]、[BACKSPACE]、[DELETE]、[ARROWUP]、[ARROWDOWN]、[ARROWLEFT]、[ARROWRIGHT]。これらの文字を編集フォームに入力するか、他の場合と同様にキーを押すだけで記録されます。

📘

キー入力ステップの折りたたみ

修飾キーを使用しないキー入力が複数ある場合、1つのステップに折りたたまれます。これにより、実行時間が節約され、Trainerで読みやすくなります。

方法2: カスタム検索ステップを使用してキー入力を送信する
ターゲットエレメントにフォーカスを合わせるのが難しい場合、またはテスト対象のアプリケーションにキーハンドラーがあるためにキーイベントがTrainerに到達しない場合、この方法が適しています。この場合、cssまたはxpathクエリを使用してエレメントを選択し、そのエレメントに直接キー入力を送信できます。

Trainerの下部ツールバーにある拡大鏡をクリックすると、カスタム検索フォームが開きます。

[Send keypress] は、ドロップダウンメニューで使用できるいくつかのアクションの1つです。上記のクエリは、divクエリに一致する最初のエレメント (First Element) をページから検索し、選択されたアクションを実行します。次に、[OK] をクリックすると、次のフォームが表示されます。

ここでは、押されるメインのキーだけでなく、キー入力の間にアクティブになっている任意の数の修飾キーも確認できます。[TAB] など、上記の特殊文字も使用できます。

📘

オペレーティングシステムの違い

多くのmablユーザーは、WindowsのInternet Explorer、またはMacOSのSafariでテストを実行します。ChromeとFirefoxのテストはLinuxで実行されます。

オペレーティングシステムが異なれば、同じ機能を実行するためのショートカットも異なる場合があります。たとえば、「すべて選択」の場合、WindowsとLinuxではCtrl+aを使用しますが、MacOSではCmd+Aを使用します。

キー入力ステップの編集フォームでは、オペレーティングシステム別にキー入力の組み合わせを選択できます。MacOS向けのオーバーライドを指定すると、指定内容はSafariの実行中に使用されます。指定していない場合は、フォームの上部にあるメインのキー入力が使用されます。

🚧

MacOS

MacOSは、システムレベルでグローバルなキーボードショートカットを数多く処理します。そのため、mablでのテスト実行中は、残念ながら、ブラウザーでこれらの機能をトリガーできません。例としては、切り取り、コピー、貼り付け、すべて選択、元に戻す、やり直しなどがあります。ご不便をおかけして申し訳ございません。


Related resources
Did this page help you?