Postman統合

mablとPostmanの統合により、チームは、既存のPostmanコレクションをmabl APIテストとの間ですばやく変換できます。この双方向の統合により、チームは各ツールの最高レベルの機能を利用できます。たとえば、Postmanは優れたAPI開発および文書化ツールです。一方、mablはパブリック環境とプライベート環境を対象としたエンドツーエンドのAPIのテストと監視に最適です。概して言えば、mablとPostmanは互いに補完し合うことにより、Webサービスの開発、文書化、テスト、および監視を支援します。

mablとPostmanとの統合の概要mablとPostmanとの統合の概要

mablとPostmanとの統合の概要

統合のメリット

既存のPostmanコレクションをmablにインポートすると、以下の処理が可能になります。

  • スケジュールに基づいて、またはデプロイ時にmabl APIテストを簡単に実行できるため、手動のAPIテストを自動化できます。
  • JavaScriptを使用することなく、レスポンスボディにアサーションを使用してmablで新しいAPIテストを簡単に作成できるため、APIテストのカバレッジを拡大できます。
  • APIテストでUIテストを強化して、テストデータを迅速かつ確実にセットアップ/破棄し、UIとAPIの統合を含む複雑なエンドツーエンドのシナリオを検証できます。
  • GitHub ActionsなどのCI/CDツールと簡単に統合できるため、デプロイ時にAPIテストとUIテストの両方を実行できます。
  • 失敗したテストの根本原因をすばやく分析するための詳細ログなど、APIテストの実行に関する経時的な詳細レポートを表示できます。
  • ユーザーごとの料金がかからないため、チーム全員をmablでのAPIテストに招待して協力を求めることができます。
  • mabl APIテストをPostmanコレクションとして簡単にエクスポートできるため、mablに精通していない可能性のある開発者などのユーザーとの間でmabl APIテストを共有できます。

Postmanからのインポート」で、Postmanコレクションをmabl APIテストとしてインポートする方法を確認してください。


Related resources
Did this page help you?