Microsoft Teamsインテグレーション

自動テストで検出された問題やリグレッションの影響を最小限に抑えるには、ワークスペースで重大な失敗やテストのインサイトについてアラートすることが重要です。そのため、mablは、チームがコミュニケーションや調整に使用する、Microsoft Teamsなどのツールと統合されています。

Microsoft Teams内の特定のチャネルに更新が送信されるように、ワークスペースを設定することができます。さらに、mablには豊富なコントロールセットが用意されており、プランラベル別やインサイトタイプ別 (プランの失敗のみなど) のように、送信するデータを細かく調整することができます。

インテグレーションを初めてセットアップしようとお考えの場合は、Microsoft Teamsインテグレーションのセットアップと設定で詳細についてご確認ください。

プラン情報は、mablで発生するとすぐに、選択したチャネルに送信される。プラン情報は、mablで発生するとすぐに、選択したチャネルに送信される。

プラン情報は、mablで発生するとすぐに、選択したチャネルに送信される。

ユースケース

主要な失敗に関するアラート (ビルドやデプロイメントなど)

このインテグレーションの最も一般的なユースケースの1つは、主要なプラン (多くの場合はスモークテストやリグレッションテストのプラン、または新しいビルドに対して実行されるプラン) に対する即時アラートです。mablテストをパイプラインに統合している場合でも、チームがTeamsで作業している失敗に直接リンクしていることが役立つ場合があります。プランの実行が完了したら、すぐにそのデータをTeamsに送信できます。

これを行う最も簡単な方法の1つは、インテグレーションを設定して、プランステータスに変更 (成功から失敗、失敗から成功など) があった場合にのみ送信を行い、プランラベルのフィルタリングにsmokeラベルとregressionラベルを追加することです。もちろん、これらのプランには関連するラベルを適用する必要があります。

失敗が発生した場合、最初に失敗した出力へのリンクが提供されます。これにより、失敗のコンテキストにすばやくジャンプしてトリアージプロセスを開始できます。これにより、その出力から直接Jiraチケットへのエスカレーションが行われる場合もあります。

主要なインサイトの監視

このインテグレーションのもう1つの価値ある使用例は、インサイトのすべて、または単にサブセットを特定のチャネルに送信する機能です。たとえば、アプリケーションのユーザー向けの変更に特に関心がある場合、自動修復、リンク切れ、視覚的な変化のインサイトをチームに送信するようにインテグレーションを設定するのも簡単です。

コメントのフィード

ユーザーは、個々のテスト出力にコメントして、トリアージや変更などの調整に役立てることができます。これらのコメントもTeamsに直接送信することが可能で、ユーザーがmablアプリケーション内のユーザーアクティビティを常に把握できるようにすることができます。


Did this page help you?