ドラッグアンドドロップステップ

mabl Trainerでは、アプリケーションのテスト時にドラッグアンドドロップアクションがサポートされています。これらのアクションは自動的に記録され、以下の手順で簡単に変更できます。

mabl Trainerでのドラッグアンドドロップアクションの取得mabl Trainerでのドラッグアンドドロップアクションの取得

mabl Trainerでのドラッグアンドドロップアクションの取得

📘

ドラッグアンドドロップとクリックアンドドラッグの違い

ドラッグアンドドロップとクリックアンドドラッグのアクションには、いくつかの違いがあります。現時点では、mablはドラッグアンドドロップアクションのみをサポートしています。

  • ドラッグアンドドロップには、2つのエレメントが必要です。1つはドラッグ可能なエレメントで、もう1つはドロップターゲットとなるエレメントです。
  • クリックアンドドラッグには、エレメントとオフセット (座標など) が必要です。クリックアンドドラッグアクションの例として、ある位置から別の位置へのスライダーの移動、テキストボックスのサイズ変更、フレーム内の画像をドラッグして特定の部分を表示する操作などがあります。

ドラッグアンドドロップステップの変更

ドラッグアンドドロップステップは自動的に記録されますが、ドラッグステップ中に動的な領域が表示されることがあります。これは、ドロップターゲットを正確に記録するmablの機能に影響を与えます。この問題に対処するために、ドラッグアンドドロップステップを変更して、目的のターゲットを簡単に指定することができます。

  1. mabl Trainerでドラッグアンドドロップアクションを記録した後、「Click and hold (クリックアンドホールド)」ステップまたは「Release (リリース)」ステップ (変更する内容によって異なります) の「編集」ボタンを選択します。
  2. [Reselect] ボタンをクリックし、目的のエレメントを選択して、アクションのターゲットエレメントを変更します。
  1. [OK] を選択します

🚧

ドラッグアンドドロップステップの再生

Trainerでドラッグアンドドロップステップを再生するときには、マウスを動かさないでください。ドラッグアクションの軌道に影響を与える可能性があります。

既存のアクションの変更

既存のステップを変更して、ドラッグアンドドロップステップにすることができます。たとえば、ドラッグターゲットの「クリック」アクションを「クリックアンドホールド」アクションに変更したり、ドロップターゲットの「クリック」アクションを「リリース」アクションに変更したりすることができます。

  1. クリック」または「ホバー」ステップを記録した後、そのステップの「編集」オプションを選択します。
  2. アクションを [Click and hold] に変更します。

📘

クリックアンドホールド/リリース

ドラッグアンドドロップのステップはペアで行われ、エレメントを移動するための「クリックアンドホールド」ステップと、ドロップのための「リリース」ステップがあります。有効なドラッグアンドドロップアクションを実行するには、両方のステップが必要です。これらのアクションの間に他のステップを追加することはできません。

  1. 変更したステップをTrainerで表示します。対応する「リリース」ステップが追加されるまで、エラーが表示されます。
  1. 2番目のクリックステップを編集し、アクションを [Release] に変更します。
  1. 表示がTrainerのメインページに戻ります。ステップのリストに「リリース」ステップが表示されます。

カスタム検索アクション

ドラッグアンドドロップアクションは、次の方法でカスタム検索と組み合わせて使用することもできます。

  1. 画面下部のツールバーにある [Insert Step] +ボタンをクリックすると表示されるステップリストから [Find elements] オプションを選択します。
  2. [Find type]、[Query type]、[Action] を選択します。[Action] メニューには、[Click and hold] と [Release] の両方のアクションがあります。
  1. クエリを指定し、[OK] をクリックしてこのステップをテストに追加します。

🚧

現時点での制限事項

現時点では、ドラッグアンドドロップアクションにはいくつかの制限があります。

  • ドラッグアンドドロップステップは、ChromeとFirefoxでのみサポートされています。
  • エレメントは中心から中心に移動します。つまり、ドラッグターゲットの中心がドロップターゲットの中心に配置されます。
  • mablがドラッグアンドドロップアクションを取得するには、アクションが0.5秒以上続き、エレメントが20ピクセル以上移動する必要があります。
  • SVGエレメントのドラッグアンドドロップはサポートされていません。

Related resources
Did this page help you?