Bitbucketインテグレーション

mablとBitbucket Cloudのインテグレーションでは、BitbucketパイプラインワークフローにクロスブラウザーUIテストを簡単に統合できるため、チームは開発サイクルの早い段階で問題を特定して修正できます。mablとBitbucketにより、すべてのチームがCI/CDの真の可能性を引き出せるようになり、本番環境でのバグによる混乱なしに、迅速にイノベーションを実現できるようになりました。

12971297

Bitbucketパイプラインにmablパイプを追加すると、ビルドのたびに自動化されたmablテストを実行できます。mablパイプがトリガーされると、mablにデプロイメントイベントが作成され、そのデプロイメントに対応するテスト実行がトリガーされます。パイプはテストの完了を待ち、すべてのテストが成功した場合はsuccessを返し、いずれかのテストが失敗した場合はfailを返します。

ユースケース

  • すべてのデプロイメントで、ビルドに視覚面、機能面、パフォーマンス面でリグレッションがないかを自動的にテストします。
  • mablテストの結果に基づいて、ビルドを成功にするか失敗にするかを自動的に決定します。
  • すべてのプルリクエスト (PR) をテストし、そのPRのCode Insightsレポートで結果を確認します。

インテグレーションのセットアップ

最初に実行する必要があるのは、bitbucket-pipelines.ymlファイルに4行のコードを追加することだけですが、細かい制御のための多くのオプション変数を追加することができます。mablパイプは、以下のように、Bitbucketインテグレーションページの「Testing」カテゴリで見つけることができます。また、公開されているmablパイプリポジトリに直接アクセスすることもできます。

18791879

Bitbucketインテグレーションのリスト内のmabl Bitbucketパイプ

mablパイプを追加して実行すると、パイプラインのビルド出力でテスト結果のサマリーを直接確認できます。

930930

Bitbucketパイプラインのログ内のmablテストの結果。

さらに、スクリーンショット、DOMスナップショット、ネットワークアクティビティなどの包括的な診断データを含むmablのテスト結果へのリンクも表示されます。

バックグラウンドでは、mablパイプはmabl CLIを使用してテスト実行を調整し、テスト結果をBitbucketに戻しています。Bitbucketの外部でCLIを使用して、ヘッドレスモードなどのサポートを含め、ローカルでテストを作成して実行できます。

プルリクエストのCode Insights

Bitbucket Code Insightsには、プルリクエストに関連する情報が表示されるため、作成者とレビュー担当者は十分な情報に基づいて意思決定を行うことができます。mablをBitbucketワークフローに統合することで、Bitbucketパイプライン経由してデプロイされたすべてのPRコミットの品質レポートを提供できます。

mablパイプを使用して、Bitbucketでプルリクエストをオープンしてコードコミットをデプロイすると、Bitbucket Code Insightsを介して、自動的にPRのコンテキストで直接mablテストの結果が表示されます。

16841684

プルリクエストのmablテストの結果を示すBitbucket Code Insightsレポート。

mablでプルリクエストをテストすることで、開発サイクルの早い段階で問題を発見できるため、より簡単かつ迅速に、費用をかけずに問題を修正することができます。さらに、PRをレビューする全員が、アプリケーションのコードだけでなく、ユーザーエクスペリエンスもテストされているという確信を得ることができます。


Did this page help you?