ページ操作速度の調整

Unified Runnerでは、一般にChrome用のLegacy Runnerよりもテストの実行速度が大幅に高速化されます。このため、テスト結果に関するフィードバックをすばやく得ることができますが、タイミングをうまく処理できない場合には、テストが失敗することがあります。これには、ページの読み込みが完了していない場合や、エレメントの状態がまだ変更されていない場合などが含まれます。

ただし、アプリケーションの実行速度が遅い場合や、環境によって速度に大きな違いがある場合には、Unifiedテスト実行のページ操作速度を変更することができます。

📘

インテリジェント待機

ほとんどの場合、mablのインテリジェント待機機能は、テスト実行時のタイミングに合わせて調整されます。ただし、長い待機時間が必要な場合は、この設定を追加する前に、Wait Untilステップを追加してアプリケーションが確実に正しい状態になるようにすることをお勧めします。

930930

環境の速度設定

デフォルトで、Unified Runnerを用いたテストは、[Normal] のページ操作速度で実行されますこの場合、アプリケーション内のエレメントとの完全一致や高い確度の一致を見つけるための待機時間に適度なしきい値が設定されます。このしきい値を小さくする場合は、ページ操作速度を [Fast] に設定できます。インテリジェント待機機能を使用すると、mablがテストステップのタイミングを学習し、待機時間が自動調整されます。

この他にも、[Slow] と [Slower] という2つのオプションがあります。これらを利用すると、テスト内の各ステップごとの待機時間を長くすることができます。この設定は環境レベルで変更できます。設定内容は環境に関連付けられたすべてのUnifiedテスト実行に適用されます。

575575

プランの速度設定

この設定はプランレベルで設定できます。デフォルトで、Unified Runnerを使用するプランは、選択した環境に関連付けられた設定を継承しますが、個別のプランに合わせて設定をオーバーライドすることができます。

CLIでの操作速度の調整

シェル

mabl tests run --run-id 12jk1l4j21u3n2-jr --interaction-speed slow

また、--interaction-speedフラグを指定してmabl CLIを介してローカル実行のページ操作速度を指定することもできます。

デスクトップアプリケーションでの操作速度の調整

17861786

操作速度設定

デスクトップアプリケーションで [Preferences] メニューを使用して、ローカル実行やTrainerでの再生の操作速度を調整することができます。これらの設定はデフォルトで [FAST] になっており、必要に応じて、[NORMAL]、[SLOW]、[SLOWER] に変更できます。


Did this page help you?