2021/07/16 SOC 2 Type II セキュリティ認証を取得

先日、mablはSOC II Type IIコンプライアンスの監査プロセスを無事完了しました。この認証は、サービスのセキュリティ、機密性、可用性、処理の完全性に対するmablのコミットメントを裏付けるものです。

SOC 2 Type II セキュリティ認定について

先日、mablはSOC II Type IIコンプライアンスの監査プロセスを無事完了しました。この認証は、サービスのセキュリティ、機密性、可用性、処理の完全性に対するmablのコミットメントを裏付けるものです。

詳細はこちら

統合テストランナーβ版リリース

936936

テスト作成と実行の体験をシームレスに提供することは、mablが提供するサービスの基盤となっています。

mablでは、テスト作成で利用するトレーナーとして、Chrome拡張とデスクトップアプリを提供しています。さらに、ローカル実行、クラウド実行、CLIなど、さまざまなテスト実行方法が用意されています。

Chrome用のUnified test runnerのベータリリースがすべてのmablのお客様に提供され、それぞれの実行環境はひとつに統合され、より一貫性のあるテスト実行が可能になり、クラウドでの実行時間が最大60%短縮されました。

詳細はこちら

APIテストのStepのコピーがより簡単に

APIテストのエディターで、既存のステップをすばやく複製して、類似した設定のリクエストのバリエーションをテストすることができるように改善しました。複製されたステップのアイコンは、マウスオーバー時に「Delete step」アイコンの隣に表示されます。

11001100

既存のステップを複製すると、コピーであることを示すためにステップ名を変更した上で、そのステップの完全なコピーが作成されます。この新しいステップは、次のテストケースに合わせて変更することができます。

10701070

詳細はこちら

mabl 大学がレベルアップ

新規ユーザーや既存ユーザーがより効率的にmablを導入できるように、新しいレッスンを追加し、コースを再編成しました!コースは以下の通りです。

  1. セットアップ
  2. 基本
  3. 上級編
  4. 統合

詳細はこちら

APIテストのためのCLI改善

mabl CLI が更新され、ローカルおよび CI/CD パイプラインの両方で API テストが容易になりました。

deployments create」 コマンドが更新され、--api-url 引数を使用して別のデプロイメントに対して API テストを実行するようにトリガーできるようになりました。

mabl deployments create --api-url <api-url> \
  --application-id <application-id> \
  --environment-id <environment-id> \
  --api-key <api-key>

mabl CLIのdockerコンテナのtests runコマンドが、APIテストの実行をサポートするようになりました。CI/CDパイプラインでこのイメージを使用する場合、このコマンドはコンテナ内でAPIテストを実行します。さらに、APIテストを、例えば別のコンテナにデプロイされたターゲットエンドポイントに向けることもできます。

docker run -e MABL_REST_API_KEY=$YOUR_API_KEY --rm mablhq/mabl-cli \
  tests run --id <API_test_id>

詳細はこちら