ワークスペース間でのテストのコピー

🚧

Enterpriseサブスクリプションが必要

ワークスペースコピーサブコマンドは、Enterpriseサブスクライバーのみが使用できることに注意してください。

複数のワークスペース (企業のお客様が購入可能) は、組織内の独立したチームのためにmabl環境をセットアップするのに役立ちます。mabl CLIのワークスペースコピーコマンドを使用すると、既存のテストをワークスペース間でコピーして、時間と労力を節約できます。

📘

必要な所有者権限

ワークスペースコピーコマンドを実行するには、コピー元ワークスペースとコピー先ワークスペースの両方で、所有者ワークスペース権限が必要です。

権限を有していない場合は、まずコピー元ワークスペースとコピー先ワークスペースのワークスペースIDを取得します。

mabl workspaces list

次に、以下のコマンドを使用して、すべてのテストと関連する設定オブジェクトをコピー元ワークスペースからコピー先ワークスペースにコピーします。サブコマンドでは現在、以下の要素がコピーされます。

  • DataTable
  • ファイルのアップロード
  • フロー
  • スニペット
  • テスト (テストのラベルを含む)
  • バージョン履歴

コピーされた設定オブジェクトは、コピー先ワークスペースに追加されることに注意してください。同じ名前の設定オブジェクトが存在する場合は、処理中に新しいコピーが作成されます。

mabl workspaces copy --from <source-w> --to <destination-w>

データがすぐに表示されない場合は、ページを更新してください。

🚧

制限事項

テストとフローのバージョン情報は処理中にコピーされますが、バージョンのタイムスタンプと編集者は保持されません。
上記のリストに存在しない設定オブジェクト (プラン、アプリケーション、環境、資格情報など) のコピーは、現在サポートされていません。


Did this page help you?