リンククローラーの活用

「Visit all linked pages within the app」は、テスト対象となるアプリケーションの初期画面に表示されているリンクをもとに、mablが用意したリンククローラーがページのクローリングを行いながら、各ページの問題を調査します。

アプリケーションが登録されると、mablは以下の2つのテストと、自動実行するためのプランを自動作成します。

  • Visit home page (プラン: Verify home page load and login)
  • Visit all linked pages within the app (プラン: Check all pages for broken links and errors)

これらのテストはテスト対象の画面キャプチャ取得や、カバレッジのための画面数確認のために自動実行されますが、実行回数としてカウントされません(参考: Schedules of Default Plans now Automatic)。よって、画面差分の検知精度を高めたり、システムパフォーマンスデータを集めるためにも、負荷等の問題がなければ自動実行をおすすめします。

「Visit home page」は、テスト対象となるアプリケーションの初期画面を開き、問題が起きてないかを確認するだけのテストです。初期画面にログインフォームがあれば、ログイン情報を与えることで、ログインも試みます(オートログイン)。単純なテストですが、画面の死活監視としても利用できます。

「Visit all linked pages within the app」は、テスト対象となるアプリケーションの初期画面に表示されているリンクをもとに、mablが用意したリンククローラーがページのクローリングを行いながら、各ページの問題を調査します。

Updated 20 days ago


リンククローラーの活用


「Visit all linked pages within the app」は、テスト対象となるアプリケーションの初期画面に表示されているリンクをもとに、mablが用意したリンククローラーがページのクローリングを行いながら、各ページの問題を調査します。

Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.