デスクトップアプリでローカル実行を行う

ローカル実行はmabl CLI]によって実行可能です。ローカル実行では、ローカル環境で高速にテストが実行されるため、テストによるさまざまなフィードバックをすばやく得られます。ローカル実行は、デスクトップアプリのmablトレーナーを使って実行したり、デスクトップアプリでテストの詳細ページを開いて実行も可能です。

ローカル実行はmabl CLIによって実行可能です。ローカル実行では、ローカル環境で高速にテストが実行されるため、テストによるさまざまなフィードバックをすばやく得られます。ローカル実行は、デスクトップアプリのmablトレーナーを使って実行したり、デスクトップアプリでテストの詳細ページを開いて実行も可能です。

ローカル実行は、ヘッドフルブラウザ(通常のブラウザ実行)やヘッドレスブラウザでの実行が可能です。ヘッドフルブラウザでの実行は通常通り、ブラウザをローカルで起動し、コマンドラインスタイルのウィンドウにテスト実行ログが出力されていきます。

ヘッドレスブラウザでの実行だと、テストがバックグラウンドで実行されるため、ブラウザは起動しません。ヘッドレス実行中は、テスト実行ログやテスト結果が表示されるウィンドウだけが表示されます。

ヘッドフルでもヘッドフルでもどちらのローカル実行でも、クラウド実行とはカウントされないため、作業の流れを中断することなく、テストが期待通りに機能するかどうかを確認できます。

📘

テストの成果物(Test Artifacts)

DOMスナップショットやスクリーンショットなどのテスト時に生成される成果物は、ローカル実行では生成されません。mablの実行ログと結果のログのみウィンドウに表示されます。

デスクトップでテストの詳細ページを開き、ヘッドレスブラウザでテスト実行を行た場合。デスクトップでテストの詳細ページを開き、ヘッドレスブラウザでテスト実行を行た場合。

デスクトップでテストの詳細ページを開き、ヘッドレスブラウザでテスト実行を行た場合。

ローカル実行は、デスクトップアプリのトレーナーから直接実行できます。テストを作成しながら修正なども加え、トレーニングセッションを離れることなくテストの動作確認を行う場合に特に便利です。mablトレーナーからヘッドフルブラウザでテスト実行するには、テストを保存してトレーナー下部のデスクトップアイコンをクリックするだけでOKです。

mablトレーナーからローカル実行する方法。mablトレーナーからローカル実行する方法。

mablトレーナーからローカル実行する方法。

🚧

デスクトップアプリにおける現状の制限事項について

テストの詳細ページからローカル実行する場合に、モバイルウェブテストのためのデバイス設定ができません。


Did this page help you?